>  > NASAの仮説覆り、再び「宇宙人による建造物説」有力に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

KIC 9462852

,

NASA

,

アナザー茂

,

宇宙

 やはり宇宙人による巨大建造物が存在するのではないか? 去年9月、不自然とまでいえる極めて不規則な減光現象が確認された1480光年先にある連星KIC 9462852」 が、またも物議をかもしている。

 当初、NASAはこの現象に対し「彗星や惑星によって光が遮られたのでは?」とする予測をたて一旦落ち着いたようにみえたが、新たな発見によって「宇宙人建造物説」の可能性は無視できないとSETI(地球外知的生命体探査プロジェクト)が発表、その根拠について科学系メディア「NEW SCIENTIST」が15日に伝えている。


■高度な宇宙人による巨大建造物がもたらす減光現象?

KICstar2.jpg
「KIC 9462852」のCGモデル。画像は「NewScientist」より

 「KIC 9462852」は2009年、NASAのケプラー宇宙望遠鏡によってはくちょう座と琴座の間観測された太陽よりも明るく巨大なエネルギーを持つ連星だ。

 依然として謎多き天体であるが、2015年9月、タバサ・ボヤジアン氏率いるイェール大学の研究チームによって「KIC 9462852」に普通では見られない不規則な減光現象が観測された。文頭に記したように、NASAは複数の惑星や彗星によって光が遮られた可能性が高いとする見解を発表するも、そこには疑問が残った。NASAの見解が正しいならば一定の周期にもどづいて減光現象は観測されるはずなのだ。この異様な現象に物理界は一時騒然となった。


関連キーワード

NASA

コメント

1:匿名2016年1月21日 17:05 | 返信

ダイソン球を建造するために数千万年を費やす非現実的な計画よりも、無尽蔵に取り出せる真空のエネルギーを利用する方が遥かに効率的。残念だが、この技術を手にできるのは、人類の後を担う者たちだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。