>  > ロックフェラーが語った真実と世界統一政府(NWO)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

“影の王朝”といわれ、アメリカのみならず全世界に強大な影響力を与えてきた名門財閥一族・ロックフェラー家の“威光”に陰りが見えはじめているという。歴史上で一世を風靡した名門一族の例に漏れず、最盛期を過ぎてこのまま没落への道をたどっていくのだろうか。それとも、ロックフェラーの“DNA”はこれからが本番とばかりに今後の世界に燦然と君臨するのだろうか……。


■世界統一政府“NWO”樹立計画は実在するのか?

 一見偶然に起こった出来事のように見えるが、実はその背後にいる“首謀者”の何らかの計画に則った謀略の結果であると考えるのが「陰謀論」だ――。この陰謀論の“首謀者”には、宗教団体から秘密結社、レプティリアンや宇宙人などさまざまな説があるが、その中でも最も説得力のある“黒幕”としてよく挙げられるのが世界史上の“影の王朝”であるロスチャイルド家ロックフェラー家だ。

rockefellerfamily1.JPG
Your News Wire」より

 中でもロックフェラー家は実際の政治にも強い影響力を行使しているといわれ、1973年にディヴィッド・ロックフェラーが創設した三極委員会(Trilateral Commission)は、いわゆる陰謀論者の間では新世界秩序であるニュー・ワールド・オーダー(NWO)の実現を推進するための組織であると囁かれてきた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。