>  >  > ババ・ヴァンガの「イスラム国」予言が的中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
2016eugone1.JPG
画像は、「DocumentaryTube」より

 東欧ブルガリアには、かつて国家がその超能力を公に認定した予言者がいた。ババ・ヴァンガと呼ばれる全盲の女性で、彼女の晩年の予言は、あまりの的中率にブルガリア政府が“国家機密”扱いにするほど重視された。国家が認める超能力者は、世界でも非常に珍しい存在だろう。ヴァンガ女史についての詳細は、過去の記事を参照いただこう。

 今回紹介するのは、この偉大な女性予言者による2016年の予言だ。そこに語られてたのは、なんとヨーロッパ全体が荒廃するほどの「大ムスリム戦争」が起きるという衝撃の予言だった。それは一体どのような構図の戦争となるのか、詳しく考察してみたい。


■「イスラム国」の台頭を予言していたヴァンガ

 海外の複数メディアが伝えるところによると、ヴァンガ女史は生前、世界で「大ムスリム戦争」が起きることを明言していたという。それは2010年の政治的騒乱をきっかけにしたもので、シリアで始まり、さらに冷却期間を置いた後、2016年にイスラム教徒たちがヨーロッパ全土に侵入することにより本格的な戦争へと発展。その結果どうなるかというと、ヨーロッパは「ほぼ無人の荒れ地となり、存在しなくなる」というのだ。

ebola2015_2.jpg
画像は「YouTube」より

 この予言で誰もが思い浮かべるのは、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の存在だろう。「アラブの春」を経て政情が不安定になった中東で勢力を伸ばし、現在シリアやイラクを拠点に残虐非道を繰り返す「イスラム国」は、その周辺国のみならず、ヨーロッパでもテロ行為を繰り返している。昨年11月13日に発生した「パリ同時多発テロ」、そして今月22日にはブリュッセルに同時爆撃攻撃をしかけ、多くの市民の命を奪った。しかも今月24日には、「イスラム国」が少なくとも400人のテロ要員を訓練し、ヨーロッパ域内に送り込んでいることまで判明している。

 この流れと、混乱の主体、そして場所のすべてが、ヴァンガ女史が予言した「大ムスリム戦争」の経緯と不気味なほどの一致を見せるではないか。今後、予言をなぞるように本格的戦争、そしてヨーロッパの破滅が待ち受けているのだろうか? これは最悪のケースであるが、生前のヴァンガ女史は「大ムスリム戦争」でヨーロッパがどのように破滅するのかという点まで具体的に言及しているのだ。それは、単なる爆弾ではなく「化学兵器」による破滅だという。

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメント

3:匿名2016年4月 2日 02:22 | 返信

テキトー事ばっか書いてんなオイ

2:スケプティカルト2016年3月30日 11:44 | 返信

ヴァンガか盲目であり読み書きができたかという点で本人の言葉なのかは疑問が残るな
ブルガリア政府公認で資料は持ってるものの、すべて真実なのかを含めて懐疑的にならざるを得ない。それに『 ヨーロッパ全体が荒廃するほどの「大ムスリム戦争」が起きる』という予言についてはヨーロッパは荒廃してないし戦争も起きてないのでそれを持って当たったとするのは疑問

1:匿名2016年3月29日 18:28 | 返信

イスラム国の台頭は聖書に書いてある。
時期もぴったりだ。
ヴァンガ女史が凄いと言う記事を書いているのだから
記者やトカナは聖書など読めない愚か者だと自白しているに等しい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。