>  >  > 世紀の大発見「ホモ・ナレディ」の骨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 2013年に南アフリカで発見、昨年の秋に発表されて世界中の研究者達を驚かせた新種のヒト属「ホモ・ナレディ」――。身体的特徴はヒト属に非常に似ているが、アウストラロピテクス属より原始的な特徴も併せ持ち、ヒト属のどの種とも異なる特徴を持っている。


■洞窟の奥に「ホモ・ナレディ」15体分の骨

 ヨハネスブルグ郊外のライジングスター洞窟で発見された骨は1550個にも及び、少なくとも15体分になるという。古代エジプトのツタンカーメン王に匹敵する大発見であると注目されているが、解明までにはまだ多くの謎が……。人類学、地質学、化石学、古生物学等々多くの専門家たちの意見が割れて大論争となっている模様である。

homonaledisbones1.JPG
「ホモ・ナレディ」の骨 画像は「Wikipedia」より

 生存していた年代もいまだ確定には至っていないが、唯一断言できるのはホモ・ナレディが極めて原始的な部分を持ちあわせている点で、脳の大きさはオレンジほどの小ささであり、ここだけを見ると現生人類のホモ・サピエンスからはかけ離れている。

 しかしながら興味深いことに、大量の骨が発見された場所は深い曲がりくねった洞窟の奥(ディナレディ空洞)。極狭、急勾配そして真っ暗闇の中をヘッドランプなしで進むのは無理で簡単にたどり着ける場所ではない。その場所はホモ・ナレディの共同墓地だったのだろうか?

homonaledisbones2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 発表に関わった南アフリカ・ウィットウォーターズランド大学の古人類学者リー・バーガー氏率いる研究チームは、仮説としてホモ・ナレディが仲間の亡骸をわざわざたいまつを掲げて洞窟の奥まで運んだという可能性、つまり儀式的な行為の結果であると主張している。脳が我々の三分の一のサイズしかないこの絶滅種が、死を理解しており文化的な伝統を持ち合わせていたのではないか、と結論づけているというのだが……。小さな脳しか持たない彼等にどうやってそんな複雑な行動ができたのか、議論を呼んでいる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。