>  >  > 13歳少年が永久機関を自作!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 いつの時代も若き天才は存在しているようだ。米ネバダ州リノ・タホに住む若干13歳の少年、マックス・ローハン君はとにかく発明好き。そして、エジソンを凌駕するとも言われる19~20世紀を代表する発明家のニコラ・テスラと誰もが知る天才物理学者、アルベルト・アインシュタインを尊敬しているローハン君の目標は「自らの発明で世界を変えること」。今回自作した“フリーエネルギー装置”が壮大な夢への第一歩となりそうだ。


■13歳の少年が“フリーエネルギー装置”を自作

13yearoldinventor1.JPG
WakingTimes」の記事より

“フリーエネルギー装置”の主な材料は大きなコーヒー缶1個に電線、コイル2巻、スプーン1本と実にシンプル。直径は20cmほどで高さは40~50cm程度だろうか。缶の片側にコイル2巻を立ててビニールテープで固定し、反対側にはスプーンを鉄の棒にくくりつけて固定、各パーツは電線でつながれている。

 ニコラ・テスラの考案したテスラコイル(高周波・高電圧を発生させる共振変圧器)にヒントを得て同様の原理を使用した、という装置の仕組みは複雑ではなく、空気中の電磁エネルギーを集めて直流電流に変換するものだという。

 自宅のボイラー室を研究室にして、白衣に身を包みさまざまな発明を続けるローハン君はローカルTV番組KTVN「チャンネル2」の取材にも落ち着いて対応、説明している。

 取材では双子の弟の体にLEDの電飾コードを巻きつけて、フリーエネルギー装置から供給される電気を使って見事に点灯させてみせた。装置はラジオ波と熱エネルギー、静電エネルギーを発生させて発電しており、空気中から電線を伝わって取り込んだそれらのエネルギーを缶の中でAC(交流)からDC(直流)に変換させているそうだ。

関連キーワード

コメント

9:匿名2017年7月19日 07:24 | 返信

ここで 只の鉱石ラジオじゃーん、とか、飛び交ってる電磁波を整流しただけじゃーん、などと言ってる人達は、心底馬鹿なんだろうね

8:匿名2017年5月22日 15:40 | 返信

昔ならイヤホンに繋いで喜んでいたのが、今はLEDだからね。
1600円もかかったことに驚きだよw

7:匿名2017年5月20日 14:26 | 返信

鉱石ラジオ。
そうですよね。
空間にあふれる電磁波アンテナで取り込み、発生した電流を整流した。
ま、空中の電波から電流を取り出した。
ということではないのだろうか。

6:匿名2017年5月19日 19:08 | 返信

入力したエネルギーよりも出力するエネルギーが大きくなる安定したシステムを作り出せれば、

だってぇ~
バッカじゃ、無い脳~

5:匿名2017年5月19日 19:04 | 返信

>>入力したエネルギーよりも出力するエネルギーが大きくなる安定したシステムを作り出せれば、

バッカじゃ、無い脳~!

4:匿名2017年5月19日 00:25 | 返信

鉱石ラジオみたいなもんでしょ

3:匿名2017年5月18日 16:42 | 返信

小学生の自由研究じゃん

2:P2017年5月18日 02:19 | 返信

この件に関しては全くもって「フリーエネルギー」でなく、元々電力を消費して飛ばしてた電波を拾っただけなので、フリーエネルギーには程遠い。
(非接触充電と同じ原理。)

1:匿名2017年5月17日 03:55 | 返信

時々思うのだが、人類はどんどん馬鹿になってるのじゃないかと。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。