>  > 毛沢東は処女セックス狂のエナジーバンパイア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
Mao.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

「エナジーバンパイア」という言葉がある。他者から生気や運気を吸い取り、自らの精力・運気の糧とする人間のことだ。「あの人と話すとぐったりする、疲れるぞ」と感じた経験がある読者も多いのではないだろうか?

 彼らが生気を吸い取る絶好の機会が、セックスだ。世にはびこるサゲマン、サゲチンとはエナジーバンパイアの別称にすぎない。

 魔女である筆者は、古今東西もっとも恐るべきエナジーバンパイアは毛沢東だったと考えている。毛沢東の好色は有名な話だが、貧しく学歴もない毛沢東が革命に成功し、中国共産党の最高指導者という絶大な権力を得たのは、数多くの純真無垢な女性たちから精気・運気を吸い取ったことも一因のようなのだ。


■禁断の書『毛沢東の私生活』

 毛沢東の専任医師であった李志綏(り しすい)が、1980年代にアメリカへと移住した後に書いた回想録である『毛沢東の私生活』という本には、文字どおり、毛沢東の性生活を含めた私生活全般が記されている。この書は、1994年に世界各国で同時出版されたが、当然ながら中国では発禁処分となっている。

Mao_2.jpg
毛沢東の私生活』(文藝春秋)

 著者は「もし私が殺されてもこの本は生き続ける」という言葉を残したが、この本が発売されてから3カ月後、シカゴの自宅浴室で遺体となって発見された。病死と判断されたが、暗殺されたとの説もある。

 本書によると、毛沢東はなるべく無学で純真無垢な若い女性たちを集め、毎晩のように「ダンス・パーティー」を開いては、取っ替え引っ替えにベッドを共にしたという。女性たちは、そこで何が行われるのか、すべて承知で集まっていたのであり、毛沢東を救世主と崇めていて、性欲の捌け口にされる事を大変誇りに思っていたそうだ。あまりに派手な性生活のため、毛沢東の愛人の間では性病も流行したが、女性たちはそれすら、毛沢東とのつながりを示す誇るべきものと考えていた。そして、毛沢東の性の対象は年老いるごとに若くなり、12~13歳の処女を好んだ時期もあったようだ。さらに、好奇心で護衛の男性警官をベッドに連れ込むことさえあったという。しかし、彼がここまでセックスにこだわるのは、決して桁外れの性欲だけが理由ではなかったのだ。

コメント

2:ゆうだい2016年10月13日 13:09 | 返信

タオというと房中術ですね。
経絡や氣を学ぶ方が非実践の戦後のデューイ教育なんかよりも100倍役に立つ。
幾つか本を持っていますが、
房中術学んでみようと見ようと思います。
龍というとレプティリアンを指す語だと思っていますが、
4次元のレプティリアンに魂を売ったということでしょうか。

なるほどあなたの記事は面白い。

1:匿名2016年7月12日 04:10 | 返信

なかなか読ませるんだが、最後のチャネリング云々は完全に蛇足だな。
筆者は魔女だそうだから、キャラクター上そういう部分を出さなきゃいけないのかもしれないけど…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。