• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

代理出産

,

倫理

,

出産

,

吉井いつき

,

科学

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

eggs_01.jpg
画像は「The Telegraph」より引用

 多くの親にとって、子供が自分より早く死んでしまうことほど辛いことはない。その子供がまだ年若く、孫もいなければ尚更だ。だが、もし、その子供の卵子が凍結保存されていて、孫をつくることができたとしたら? イギリスでは60歳の女性とその夫が、28歳で亡くなった一人娘の卵子で孫をつくるために裁判を起こしている。6月30日付けのBBC Newsが報じた。


■娘の卵子を使って...

 記事によると、この女性と夫(M夫妻)は、2011年に死去した娘の凍結卵子をドナーの精子と受精して、孫を出産したいと希望している。夫妻の娘・Aさんは23歳の時に大腸ガンと診断され、卵子を凍結保存していた。生前、Aさんはこの卵子で子供をつくって欲しいと母親に語っていたという。夫妻は娘の凍結卵子とドナーの精子を受精させて出産させてくれる病院を探したが、イギリス国内では見つからず、アメリカ・ニューヨークの病院で治療を受けることとなった。

 イギリスでは生殖補助医療や胚研究を『ヒトの受精および胚研究認可局(HFEA)』という独立機関が監督・認可している。M夫妻もHFEAに申請を出したが、Aさんの同意書が不完全だったことから申請を却下した。M夫妻はニューヨークの病院に卵子を送る権利を求め、HFEAに対して訴訟を起こした。今年6月の判決で夫妻は敗訴したが、控訴審が開かれることになった。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年7月14日 12:37 | 返信

60歳祖母が誕生って…。
出産と言いたいのは分かるんだけど、これはもはや誤字とかのレベルではない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。