>  >  > 大英博物館所蔵の魔術書『アルス・ノトリア』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 古代イスラエルで悪魔を使役し、魔術師として名を馳せたソロモン王が、多くの神から授かったとされる魔法文書『アルス・ ノトリア』。“名高き術”とも呼ばれ、主に超能力の身につけ方が記されており、一説には大天使ミカエルが稲妻とともにソロモン王に授けたともいわれている。


■異彩を放つ魔術書『アルス・ノトリア』

 この世のものではない力と知識を求めようとする人々のため、“魔術書”と呼ばれる類の本は中世後期から19世紀のヨーロッパで数え切れないほど多く執筆されて世に出回っている。

 これらの内容を迷信や真っ赤な嘘と現代の我々が一笑に付すのは簡単だろう。しかし昔の人々は古代の言葉や様式であればあるほど魔力が高く、本を読む人たちに多大なる影響を与えると固く信じていたのである。

 オリジナルではないが、世界有数の魔術書として大英博物館にも現在保管されている『ソロモンの小さな鍵』に“名高き術”である『アルス・ノトリア』は収められている。

『アルス・ノトリア』は護符や呪具の作成方法などを記した、5部構成からなる専門的な内容となっており、原本は12~13世紀頃にまで遡るとされ、ヘブライ語、ギリシア語、ラテン語を含む3つの異なる文章から構成されていたといわれている。多数の魔術書が存在する中でもこの書は聖なる儀式やまじない、薬についても記されている部分があり、ひときわ異彩を放っている。

notoryartofsolomon1.JPG
『アルス・ノトリア』(1657年) 「Ancient Origins」の記事より

 また『アルス・ノトリア』の興味深い点のひとつは、イラストなどで具体例が示されていることだ。多くの人々の注意をひいた例では「磁気実験」の解説があり、天然磁石と2本の針を用いて長距離間通信を可能にする方法が描かれておりなかなか興味深い。英知を身につけた賢者はアルファベット文字で環をつくり、その中央に置いた2本の磁針でそれぞれの文字を指し示すことによって、距離がある場所でも情報交換が可能になるのだという。

arsnotoria_01.jpg
2本の針による長距離通信の解説「Ancient Origins」の記事より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。