>  > 陛下の「お気持ち」に英国庶民から心ない言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
emperor.jpg
画像は「お気持ち」より引用

 今月8日、天皇陛下が国民に向けて異例の「お気持ち」を表明し、生前退位のご意向を強く示された。これを受け、安倍政権は法改正を含むあらゆる選択肢を検討し、陛下のお気持ちを最大限尊重する方針だというが、前例のない事態に困惑しているという。

 なお陛下は、今回の「お気持ち」表明にあたり、事前に官邸から横槍が入らないようにギリギリまで推敲を重ねられたという。これはつまり、政権の意向によって天皇の意志が曲げられてしまう事態を危惧されていたことを意味する。過去、天皇が直接国民に話しかけた放送は、昭和天皇が太平洋戦争の終結を告げた「玉音放送」と東日本大震災時のビデオメッセージの2回のみ。それほど今回の「お気持ち」は重い意味を持つものであり、陛下のご本心が強く反映されたものと見て間違いないだろう。


■各国で「お気持ち」がトップニュースに!

 このような重要な出来事を、当然ながら海外の大手メディアもトップニュースとして報じている。米CNNは、陛下の多忙を極める公務に触れたうえで、「安倍政権に対するご不満がある可能性」についても言及。また米New York Timesは、天皇家が世界最古の皇室(王室)であることを指摘し、「日本は伝統にしがみつく国。簡単にはいかないだろう」「天皇の生前退位によって、日本は過去の戦争から得た教訓を忘れることになるか?」と、誰よりも平和を希求する陛下と、安倍政権との相違を暗に示す記事を配信している。

 しかし、日本人にとって特に注目すべきは、同じ島国であり、世界に対する一定の影響力を保持し、かつ王室を持つイギリスが見せた反応だろう。同国のエリザベス女王は、今年6月に90歳を迎えた。イギリス史上最高齢の君主となったエリザベス女王は「生涯現役」の意向を示しているとされるが、同国のメディアと市民の目に、天皇陛下の「お気持ち」はどう映ったのだろうか?

関連キーワード

コメント

5:匿名2016年8月28日 22:51 | 返信

しこりと言うより、日本人蔑視じゃないですか?昔からのことですよね。

最近ではテレビとかで異様に「日本凄い」アピールしているから、若年者はこの状況を認識していないと思いますよ。

4:匿名2016年8月15日 09:47 | 返信

ここの本当のテーマは「天皇陛下」が退位されてご尊厳を貶められるか否かにあるのです。
私が思いますところは、「天皇陛下」に対して公務などと称してご老体に
天皇の役割を設定してしまう日本のあり方を変える事です。
「明治天皇」は皇居に在っても「日清戦争」日露戦争」に勝利しました。
今、NHKやマスコミに踊らされて、「天皇陛下」の退位構想が独り歩きしていますが、
「天皇陛下」には皇居にどっしりと構えていただき、全世界に御存在の重きを
知らしめて頂くだけで、国民は幸せなのです。
「天皇陛下」に「生涯天皇」という自信を回復していただいて、
素晴らしい世界でも類を見ない国民性の日本人が安倍総理を盛り立てていけば、
世界は平和に向かう事ができます。

3:匿名2016年8月10日 23:05 | 返信

死んでから混乱するよりも…ってのが大きいんだろうと思うけどな。人の上げ足の取り合いで政治・経済が不安定ななかで年齢的にいつその時がくるかぶっちゃけわからんなら、早めに次期天皇に引き継いで少しでも平穏にってことでしょ。

2:匿名2016年8月10日 19:36 | 返信

Allahu akbar

1:匿名2016年8月10日 17:13 | 返信

アホっぽい記事

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。