>  >  > 水中をひとりでに泳ぎ回る「油」が発見される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

 顕微鏡の画面の中で、小さな丸い粒が自由気ままに動き回っている――。一見すると微生物か免疫細胞のように思われるが、なんと正体は、“ただの油の粒”。「デカノール」と「ウンデカナール」という物質を混ぜて生み出した油で、界面活性剤(油と水を馴染ませる物質で洗剤の一種)の水溶液中を、まるでアメーバのように形を変えながら、ひとりでに泳ぎ回るという。

 この摩訶不思議な現象を発見したのは、東京大学大学院の豊田太郎准教授らの研究グループだ。別の実験を行っている最中、まったくの偶然だったという。今月9日、論文が英科学誌「Nature」の姉妹誌であるオンラインジャーナル「Scientific Reports」に掲載されると、各国で報道されて大きな話題を呼んでいる。

動画は「YouTube」より

■なぜ動くのか、理由が“わからない”!

 では、なぜ油滴がひとりでに動き回るのだろうか? 実はその詳細なメカニズムは、「不明」なのだという。

 現在のところ、豊田氏らは油滴の表面で生じる界面張力の変化が原因ではないかと考えているようだ。界面張力とは、水中にある油滴を球体にしている力であるが、油滴の表面上にはこの力が弱いところと強いところがある。そして油滴表面の分子は、界面張力が強いところから弱いところへと移動する。この分子の移動によって生じた流れと、界面活性剤と油の分子間で働く相互作用によって、油滴は変形しながらあちこち動き回るのではないかと推定されているが、これが検証されているわけではない。

OilDroplets_2.jpg
画像は「YouTube」より引用

 引き続きメカニズムの解明という難題は残されているものの、今回の現象について豊田氏らは、将来的にマイクロメートルサイズの極小ロボットなどに応用できるのではないかと考えているようだ。この油滴は自由に変形できるため、障害物が多い狭所でも自在に動き回ることが可能だ。例えばタンカー事故の際に、海中の重油を回収するなどの使い方があるのではないかと期待されている。


■生物誕生の謎、解明につながるか!?

 さらに驚くべきことに、豊田氏らによれば今回の現象は、生物の細胞運動を理解するためのツールにもなり得るというのだが、これはいったいどういう意味なのか? 生物学に詳しい理学博士X氏に解説を求めた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。