>  >  > 30万年前のローデシア人の頭蓋骨に銃痕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
関連キーワード:

ザンビア

,

ローデシア人

,

遺骨

,

 超古代技術は存在したのだろうか? 当時の技術レベルでは製造が不可能だとされる不可解な出土品—オーパーツは、実際のところその多くが当時の知識が散逸した結果ミッシングリンクとして現代に伝わったものに過ぎないという。しかしあらゆる可能性を検討した上で、なお謎として残るものがあるのも確かだ。

rhodesia_01.jpg
画像は「The Shields Gazette」より引用

■不可解すぎる頭骨の穴

 これまでに発見された旧人の遺骨の中でも、1921年にアフリカ南部ザンビア共和国のカブウェでスイス人鉱夫が見つけたローデシア人の頭骨ほどミステリアスなものはないだろう。

 この頭骨は発見場所にちなんで通称「ブロークンヒルの頭骨」と呼ばれ、30万~12.5万年前に存在したホモ・ローデンシエンシスか、11万年前のホモ・エレクトスの一種ホモ・ハイデルベルゲンシスのものだとされている。

 この頭骨の特徴は、左こめかみ辺りにあるほぼ完璧な円形の穴。この小さな穴をめぐって数十年にわたり科学者や考古学者が頭を悩ませてきたそうだ。

 この穴の原因について、研究者らは当時使用されていた槍などの鋭利な刃物によって空いたものだろうと考えていた。しかし、その後の調査で穴が空いていない右側頭部にも「内部から“吹き飛ばされた”かのような」痕跡があることが判明し、事態が一変した。

rhodesia_02.jpg
画像は「EWAO」より引用

 それというのも、「右側頭部の完璧な円形をした穴」と「頭骨内部から発生した衝撃」という2つの条件からにわかには信じたい結論が導き出されてしまったからだ。なんと、現代文明に匹敵するような武器が数十万年前に存在していた可能性が浮上したというのだ。

 その理由はこうだ。もし、弓矢や槍など速度の遅い投擲武器が頭骨に衝撃を与えた場合、その損傷部分は放射状にひび割れるものだが、この頭骨には全くひび割れが見当たらない。このような穴を頭骨に空けるには桁違いのスピードで衝撃を与えなければならないという。そして、その可能性の1つが「銃」だ。

関連キーワード

コメント

9:匿名2017年1月11日 20:09 | 返信

これね、こん時たまたま俺一緒にいたのよ。
隕石のかけらがコメカミにヒットしたんだわ。
どっからかすげえ音したから4人でキョロキョロしてたら
隕石?火球っての?それ飛んできてけっこう近くの空中でバーンってなってさ、
俺ビビッておしっこ漏らしちゃったんだよ。
そしたらコイツとなりでぶっ倒れてんだもん。
俺またビビッてうんこ漏らしちゃったよね。
もちろん他の俺とほかの2人もけっこう痛いの当たったんだけど死ぬほどじゃなかったよ。
威力あるのが当たったんだよな、コイツだけ。

8:匿名2016年11月 2日 00:31 | 返信

外科手術の跡なら内側から吹き飛んだあとが残るわけないですし、そもそもこの記事では文献の記述や過去の研究結果等を並べて、読者に考えることを促している記事に見えます。そんな記事の執筆者を罵って悦に浸っているのは流石に失笑モノです。
個人的には、>>2の火山弾の説を興味深く読ませていただきました。一考の価値があるのではないでしょうか。

7:匿名2016年11月 2日 00:28 | 返信

外科手術の跡なら内側から吹き飛んだあとが残るわけないですし、そもそもこの記事では文献の記述や過去の研究結果等を並べて、読者に考えることを促している記事に見えます。そんな記事の執筆者を罵って悦に浸っているのは流石に失笑モノです。
個人的には、>>2の火山弾の説を興味深く読ませていただきました。一考の価値があるのではないでしょうか。

6:へそ吉2016年10月23日 02:32 | 返信

かつてアフリカや中南米の原住民(今話題の単語で言えば「土人」)の間には、生きた人間の頭蓋骨に穴を開けるという風習がありました。病気治療とか悪魔払いとか、その他様々な理由で、ここで説明している余裕はありませんが、これを「穿ろ術」とよびます。いつこんな風習が始まったかは不明ですが、ブロークンヒル人の時代にあってもおかしくはあるまい。銃で撃たれた弾痕だなどと、空想をたくましくするのはよいが、もう少し現実に対する豊かな知識と感覚が望まれます。

5:匿名2016年10月16日 20:35 | 返信

読者を見下すというか、オカルト・ゴシップの遊び心でしょ。その解釈は違うだろって記事も確かにあるけど、そこで真面目に批判するならこんなサイト見るなよと逆に思う。それより時々使い回しの画像で記事をアップするのは怠慢かなと思う。

4:匿名2016年10月 5日 21:48 | 返信

まだ猿人レベルの古代人だろ
狙撃&暗殺するほどの重要人物とは思えない

サーベルタイガーのような猛獣に噛まれたんじゃね?

3:匿名2016年10月 5日 20:52 | 返信

「内部から」って書いてるけど頭骨の中に銃が入ってたのかな?w
あと、銃弾が貫通した反対側は肉が銃弾に持ってかれて抉れるからね。

2:匿名2016年10月 5日 13:57 | 返信

数年前の御嶽山の噴火では、火山弾の威力をまるで銃で撃ち抜かれるような・・・というような形容で紹介されていたのを覚えています。そういう高スピードの自然物がたまたま寝ている状態の頭に当たったとすれば、銃痕のようなになるのでは?
現地の当時の地勢は存じ上げないので、あくまで可能性の話ですが

1:匿名2016年10月 5日 06:36 | 返信

>読者の皆さんはどう思われるだろうか

銃弾説自体が飛躍した説なのに、そこにさらに飛躍した説をこじつけようとするのは無理があると思います。
いつものことですが、「宇宙人とか未来人とか超古代文明とか書いときゃこいつら喜ぶんだろ」というトカナ編集部の読者を見下した視点を感じます。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。