>  >  > 【脳】両手で文字が書けるように訓練すると…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

佐藤Kay

,

利き手

,

創造性

,

教育

,

,

認知

 神経科学の世界では、「利き手」は現代でも大きな謎とされている。もし、あなたが“片手利き”だったら、両手が同じように使える“両手利き”に憧れるかもしれない。また、頭の回転が今より早くなるのではと考えるかもしれない。だが、現実はそれほど甘くなさそうだ。


■議論が再燃する“両手利き”の効能

 英紙「Daily Mail」(10月7日付)によれば、両手利きになるための訓練をしたところで、メリットはあまりないという。

 巷では、暗算スピードがアップするとか試験に有利だといった宣伝文句で両手利きになるための “頭脳トレーニング”を売り物にするビジネスがある。たとえば「Whole Brain Power Consulting」は“革命的な頭脳トレーニングプログラム”が話題で、開発者のマイケル・レイヴァリー氏は自称「応用神経科学と脳機能分野におけるパイオニア」なんだそうだ。

「両手利きになるためのトレーニングには、ペン習字や記憶力ドリルを用います。これにより心理回路に負荷をかけ、記憶力アップ、ストレスの克服、思考力の向上が可能になります。また、日中は高揚感に包まれ、夜は安眠できるようになる」ため、コツコツとドリル学習を続けることで夢のような“良いことづくめ”が期待できるらしい。

ambidexterity1.JPG
Daily Mail」の記事より

 だが、「両手利きと頭脳の働きには関連性はない」とする専門家も多い。神経科学者兼フリーランスライターであるモー・コスタンディ氏は「The Guardian」紙で「世間では、利き手でないほうの手を訓練すれば、クリエイティビティが開花するといった情報が流布しています。確かに新しい経験やさまざなトレーニングによって頭脳の構造や機能に劇的な変化は見られますが、両手利きになるためのトレーニングが脳機能にどのような影響を及ぼすかについては、まだまだ議論の余地があります」と慎重だ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年10月24日 15:45 | 返信

認知機能は脳の機能局在と関係があり、特に脳の側性化が関係している。器用すぎて混乱とは笑止千万。もっと勉強してから記事にすべき。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。