>  > ついにHP閉鎖した元少年A、不穏な動き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

元少年A

,

絶歌

shonena_150911_top.jpg
元少年A『絶歌』(太田出版)


 あの元少年Aは今、どこで何をしているのか――。ご存知、1997年の神戸連続児童殺傷事件の犯人。事件後しばらく鳴りを潜めていたが、昨年6月に突如、手記「絶歌」(太田出版)を出版し、その是非を巡って社会的な議論となった。同書では犯行当時のAの心境が生々しく記されているが、自己顕示欲が垣間見える文体は読んでいて心地よいものではなかった。Aは「絶歌」のヒットで数千万円の印税を手にし、「存在の耐えられない透明さ」なるホームページを開設。ギャラリーコーナーでは顔を布で覆い、鍛え上げられた肉体美を披露したり、気持ち悪いだけのナメクジアートを公開したり…。そんな絶頂期のAを奈落に叩き落としたのが、破竹の勢いを続ける「週刊文春」(文藝春秋)だった。

 2月18日発売号でAの直撃取材に成功。目線付きながら計4枚の近影写真を掲載した。ネット上では97年の事件時に流出した幼少期のAの写真の目の部分をくり抜き、文春写真に合成。文春記者によると、そのクオリティは現在のAとほぼ同一と言っていいという。

 もう1つ衝撃的だったのが、Aと文春記者の緊迫したバトル。身元を特定されたAは逆上し、文春記者の腕をつかみ「命がけで来てんだよな!?」「顔と名前覚えたぞ!!」と凄んだ。

「百戦錬磨の文春記者も身の危険を感じ、本当に恐怖したそうです。なにせAは1度見たものを脳にインプットできる能力があるといわれている。取材記者は『絶対に覚えられたわぁ』と嘆いていたそうです」(関係者)。

 文春報道以降、Aの近況は伝わって来ない。ホームページも先月、ひっそりと閉鎖された。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年2月25日 18:56 | 返信

この人殺しは自分が書いていた"絶歌"に書かれていたように"死刑になる事こそが救い"と自分で語っていた事だしね。
実際こんな奴生きていても害悪しか生まないと考えている人しかいない訳だし、疑似家族なんか作ってまで無意味な更生プログラムなんか施した所為で"酒鬼薔薇聖斗は中途半端に生きる希望を抱いて、自分勝手に振る舞うようになった”。

現在もYouTubeで”酒鬼薔薇聖斗・元少年Aの手記「絶歌」の内容が酷すぎると批判殺到… 「中二病のポエム」「矛盾と欺瞞だらけ”とかのコメントで。



山梨太郎1 年前

反省するなら死んでくれ。
生きるな。もう死んでくれ。
大事な物とか償いとかもうどうでもいいよ。顔も名前も知らなくていい仕事なんかもしなくていい。死んでくれ。もう人間じゃねえよさかきばら

あと本出すんならもう少年じゃないんだろ、名前を出せ。俺が知りたいとかじゃなくてそれが反省の意思でもあんだろ。

まあいいよ死んで。
一部を表示

と、自業自得な結果で生まれたコメントが掛かれている始末。
Aは死んだ方が救われたかもしれないのに"中途半端なお情けで生かされた結果生き地獄を味わう事になった"のだから。


1:匿名2017年1月18日 19:44 | 返信

この信者自体が、実はAこと酒鬼薔薇聖斗の自演の可能性が高いらしいんだよな。
Aが閉鎖前に最後に更新していたとかいうAクリニックで紹介されていた相談者のコメと、その解答全部ひっくるめて。
ちなみにAの顔写真についてだけど、ネットだけにとどまらずニコニコ静止画やアキネーターにまで掲載されていて、アキネーターに至っては中学時代の写真と現在の顔写真のどっちが正しいかで投票が繰り広げられている始末。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。