>  >  > FBI文書「異次元の来訪者が来ている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 FBI(米連邦捜査局)が、自らのウェブサイトで公開している機密指定解除文書が話題だ。かつて地球上にやってきたUFOとその乗組員のエイリアンは、遠い星からやって来たのではなく、別次元から来たというのである。


■機密指定が解除された1947年の「重要メモ」とは?

 CIAやペンタゴン(米国防総省)の機密文書となれば、いったい何が書かれているのか夢が膨らむ(!?)が、FBIの機密文書というのはイメージ的になんだか大人の汚い世界突きつけられそうな感じがして、あまり見たい気持ちにはならないかもしれない。

 しかし昨今、FBIが同ウェブサイトで公開している機密指定が解除された文書の中には、思わず胸を躍らせるようなロマンに溢れるものがあるようだ。その最たるものは1947年7月8日に報告された「重要メモ」である。

 FBIのウェブサイトによれば、1947年はアメリカ全土で数多くの“空飛ぶ円盤”が目撃されたという。当時設立されたばかりの米空軍では、その最初の仕事としてこれらの“空飛ぶ円盤”を極秘に調査する部署が設けられ、その報告書がFBIにも届けられていたのだ。

 1947年から1954年までのそれらの“空飛ぶ円盤”に関する報告書は数年前に機密指定を解かれ、FBIのウェブサイトで公開されることになった。現在はPDFファイルとしてダウンロードすることも可能になっており、UFO研究家の間では通称「ufo1.pdf」と呼ばれている。ではこの69ページにも及ぶufo1.pdfではどんな報告がなされていたのか。

fbiufodocument1.JPG
 「EWAO」の記事より

■“空飛ぶ円盤”についての正確な情報とガイドライン

 文書の中でも特に目を引くのが22ページ目の「重要メモ」である。1947年7月8日の日付が記されたその報告書は、いくつもの学位を持った元学部長という匿名の人物によって執筆され、著名な科学者や航空・軍事分野の重要人物、政府官僚、少数のメディアに向けて報告されたものであるという。あくまでも一方通行の報告であり、特に意見などを求めるものではない。

 報告書の内容は、収集した情報などから“空飛ぶ円盤”の特徴を浮き彫りにしたものである。科学的には否定されて当然の事柄ではあるが、執筆者にとってこの報告は公共的な責務を果たすものであったということだ。

 当時は“空飛ぶ円盤”についての懸念が深刻になっており、近いうちに円盤に攻撃されて地球が滅びてしまうのではないかという噂もはびこっていたという。これがさらに国際的な疑惑を深め、民衆をパニックに追い込む事態も想定できることから、“空飛ぶ円盤”についての正確な情報とガイドラインを策定することが求められているとしてこの報告書が作られたのだ。ではいったいどんな“ガイドライン”が記されていたのか。

関連キーワード

FBI
UFO

コメント

4:匿名2017年2月11日 12:12 | 返信

そんな円盤がなぜ、雲に化けようとしたり、海水を吸い上げたりする必要があるの?
巨人が発見されたって記事も多いけど、今後は円盤の搭乗員だった、てことでOKだよね?

3:匿名2017年2月10日 08:20 | 返信

エーテルは存在しない事が科学的に立証されている。その最たるものが相対性理論とそれらを利用したGPSや光格子時計などの通信衛星システム及び科学機器。70年前のSFもどきの文章を信じてはいけない。

2:匿名2017年2月 9日 16:09 | 返信

「FBIの機密文書というのはイメージ的になんだか大人の汚い世界突きつけられそうな感じがして、あまり見たい気持ちにはならないかもしれない」

そんなイメージが記者にはあるんですね。

1:mike2017年2月 9日 15:05 | 返信

しんじ、ちょっと情報古いよ
この件は、ラジオでUFOの専門家が言っていたのを聞いたけど
東洋思想にかぶれたマニアックな自称元大学教授が自分の仮説をFBIに送りつけて
FBIが扱いに困っていた情報に過ぎないって。けっきょくボツになっただけの話。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。