>  >  > 世界中のUFO目撃回数が爆発的に増加していることが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

UFO

,

宇宙人

,

空飛ぶ円盤

,

統計学

,

花火

 トカナでは厳選に厳選を重ねているため、極僅かのUFO情報しかご紹介できていないが、世界では大量のUFO映像・UFO画像が日々報告されている。かつてUFOが目撃されることは極めて稀であったのに、今になってなぜ急激に増加したのだろうか? この度、ついにその理由が、統計学者による独自分析で明らかになった!


■爆発的なUFO増加の理由とは?

ufospotting_01.jpg
UFO目撃件数の推移「Visualize This」より引用

 米メディア「Thrillist」(2月23日付)によると、今回の調査は米ジョージ・メイソン大学の博士課程に在籍するサム・マンフォートさんが独自に行ったもので、1905年から現在までのあらゆるUFO情報を記録している「National UFO Reporting Center(NUFORC)」のデータをもとに統計データを算出したところ、興味深い事実が次々と明らかになったという。

 マンフォートさんによると、NUFORCが1905年からこれまで集積した104,947件にものぼるデータベースを分析。その結果、1990年には年間10,000件程度だった目撃情報が、2010年には4倍以上の45,000件に激増していたいことが判明したという。

 目撃情報が最も多いのはイギリス、アメリカ、オーストラリア。ロシア、中国、グリーンランドからはほとんど情報がなかったそうだ。マンフォートさんが作成したマップでは、目撃情報が多い地域が赤く表示されている。

ufospotting_03.jpg
赤がUFO多発地帯「Visualize This」より引用


 特にアメリカでは他の地域の300倍も目撃情報が多いそうだ。アメリカ国内で最も目撃件数が多かったのはモンタナ州とワシントン州、意外なことにほとんど目撃情報が無かったのはフロリダ州だった。

 また、アメリカでは毎年7月4日にUFO目撃情報が激増することも判明。この日は米国の独立記念日であるため、花火と見間違えた可能性が極めて高いが、この現象が始まったのは 2008年からと比較的最近である点が少しばかり謎めいている。

ufospotting_02.jpg
円盤型(黄色)が急激に減少している「Visualize This」より引用

 さらに興味深いことに、目撃情報自体は年々増加傾向にあるが、“空飛ぶ円盤”の目撃数は減少しているとのこと。90年代までは円盤型があちこちで目撃されていたが、それ以降は不可解な発光物体が多数を占めるようになったそうだ。

 その理由として、ドローンや飛行機、人工衛星の増加や、インターネットやスマートフォンの普及をマンフォートさんは挙げているが、目撃者の心理も関係していると分析している。

「おそらく、『本物のUFOを見た』と言うよりも、『光を見た』と言った方が家族や友人に疑われにくいからでしょう」(マンフォート氏)

関連キーワード

UFO

コメント

6:taka2017年3月 3日 12:23 | 返信

「煙のような物質を放出しながら飛行するドーナツ型の物体、これが飛行機や人工衛星だと、一体どの口が言うのだろうか!? 複数の人々により目撃、撮影されているため、しばしば物知り顔の懐疑論者が口にする「レンズフレア」や「CG」の線もありえないだろう。ネット上に有象無象のUFO情報が転がっている今こそ、「本当かもしれないもの」を探し出す経験と知識、そして“嗅覚”が問われている」

上記の記事の言葉はそのままTOCANAライターに100%返したい。お前たち、これまでどれだけ露骨なインチキUFO映像を記事にしてきたか、違うと言うなら、お前らがその優れた嗅覚で厳選したUFO記事を並べて見せてみろ。「飛行機や人工衛星だと、どの口が言うのだろうか」だと?この口が言ってるよ。雲の背後のピンボケの飛行機だろうが。

「しばしば物知り顔の懐疑論者が口にする「レンズフレア」や「CG」の線もありえないだろう。」だど?この映像がフレアやCGのわけねえだろ。懐疑論者を物知り顔を揶揄する資格がお前たちライターにあるのか?インチキ承知で記事にしている立場で何を言ってるんだ?

5:匿名2017年3月 3日 10:53 | 返信

「トカナでは厳選に厳選を重ねているため」この最初の言葉で記事を読む気がなくなった。
あ、でも、厳選して、インチキだけど面白そうなものだけを選んでいるのか

4:匿名2017年3月 2日 13:57 | 返信

Twitter設立が2006年、Facebookが2004年、ネット環境の普及と携帯端末の進化が集中した時期で、画像の加工とそれらを披露するのが簡単かつ注目を浴びる時期でもあった。まあ今もだけど。

3:匿名2017年3月 2日 13:01 | 返信

TOCANAは疑わしいモノは全て排除する。
飛んでいる鳥のことをUFO研究家が「鳥ですね」とコメントしているのに、
鳥に擬態した地球外生命かもしれない、などと記事に書くぐらい、専門家のことを疑っている。

2:匿名2017年3月 2日 12:14 | 返信

ドーナツ状に見えるのは、カメラのピントが合って無いだけw

写っている物を盲目的に真に受けるってアホなのか?w

疑わしい物は全て排除せよ!そうすれば、自ずと真実が見えてくるはずw

1:匿名2017年3月 2日 10:29 | 返信

最近の話かと思った
1990年代なら100%X-fileのせいだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。