>  >  > キリストは気絶して3日後目覚めただけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
jesusfainted_04.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 イエス・キリストが埋葬から3日後に復活したとする「イエスの復活」は、世界中のキリスト教徒が信じる“事実”である。だが、この度とんでもない異論を主張する人物が医学界から現れた。なんと、イエスは死から復活したのではなく、「単に気絶から目覚めただけ」だというのだ! 


■医学的観点から見た「イエスの復活」の真相

 キリスト教徒からすれば噴飯ものの「イエス気絶説」は、ドイツの異端派神学者カール・フリードリッヒ・バールトが最初に唱えたのを皮切りに現在まで細々と続いてきたが、この度パキスタン「タヒール心臓病研究所(Tahir Heart Institute)」のムハンマド・マスドゥル・ハサン・ヌーリー医師がイエスの死を検証、医学的観点から「イエスは死んでいなかった」ことが判明したというのだ。宗教ブログ「The Review of Religions」と英紙「Express」(3月2日)を参考に詳細をみていこう。

 ヌーリー医師はまず、イエスが磔刑に処されていた時間に注意を促す。通常、磔刑による死亡には3日程度かかるそうだが、イエスが磔にされたのは金曜日の午後のため、日没までの6時間程度であった可能性が高いという。それというのも、当時のユダヤ教の戒律では安息日(土曜日)に磔刑を実行することは禁止されていたからだ。

jesusfainted_03.jpg
画像は「The Review of Religions」より引用

 次に、兵士らがキリストを磔台から降ろす場面にもポイントがあるという。キリストとともに磔刑に処された2人の盗賊、デュスマスとゲスタスは兵士らによって足の骨を折られたが、この時キリストはすでに気絶していたため、彼らはすでにイエスが息絶えたと誤認してしまった。一説には、兵士ロンギヌスが死亡を確認するためにキリストの胸を刺したと伝えられているが、ヌーリー医師によると、槍は心膜と心臓の間にある心膜腔という空間にまでしか達しておらず、致命傷にはならなかったと推測している。

コメント

1:匿名2017年4月 2日 20:57 | 返信

みんながイエスだと信じている人物は、洗礼者ヨハネです。
イエスは15歳くらいの時に
洗礼者ヨハネ(引率者ヨハネ)に連れられて、旅を始めました。

未来にイエスが十字架に磔られて死ぬ事が判っていた洗礼者ヨハネは、
イエスと立場を交換して
イエスがヨハネと名乗り、ヨハネがイエスを名乗って旅を始めたのです。

その事は、イエスの老化が早く、
いつの間にかヨハネの外見年齢を追い越している事から推測できます。
みんながイエスと信じていた
洗礼者ヨハネがイエスの処刑後も歩き回っていたので復活が騒がれた。
と言うことだと考えます。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。