>  > ニセ硬貨事件で「パラレルワールド」の存在証明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント24
ParallelWorldCoin_3.jpg
北海道警函館西署が公開したニセ1万円

 3月14日、奇妙なニュースがテレビに流れた。偽の1万円硬貨を使用した疑いで、1人の男が逮捕されたというのだ。詐欺容疑で逮捕されたのは、岐阜県の派遣会社の社員を名乗る30代の男。今年1月、北海道函館のコンビニで、買い物を装って偽硬貨を使用し、商品と釣り8500円をだまし取ったとされている。しかし、実際に使用されている500円や100円硬貨の偽物ならともかく、偽の1万円硬貨などという見た瞬間に発覚するような犯罪を、なぜこの男は行ったのだろうか。また、画像で公開された偽硬貨をみると、現実の硬貨としては存在しないはずの“昭和65年”という刻印がある。裏面には橋のような図柄があるが、それも日本国に存在する橋ではない。さらに、捜査機関が偽1万円硬貨を鑑定にかけると――高価な希少金属が使われるなど上質な材料で、鋳造技術も大蔵省造幣局と比べて遜色ないレベルだというのだ。そもそも、精巧な“1万円”硬貨など、使い途がないようなものを一体誰が、なぜ作ったのだろうか。

 そんなとき、関係者を名乗る人物が「これは実在する“8分違い”のパラレルワールドから混入してきた硬貨にちがいない」という情報を筆者の元に届けてくれた。というわけで匿名を条件に、昭和65年が存在する「8分違いのパラレルワールド」について取材を申し出た。


■8分違いのパラレルワールドは実在する!

 私たちが生きる世界とよく似た、別の世界が存在する――という話は、SF作品などで頻繁に語られる設定だ。そのうち“8分違いのパラレルワールド”は、その実在を示す証拠品や証言が一番多いパラレルワールドとされている。情報をくれた関係者は、次のように語った。

「8分違いのパラレルワールドは、時間軸の“裂け目”をパイプにしてこの世界とつながっている異世界で、モノや人が行き来していることまで確認されています」

 取材するうちに、8分違いのパラレルワールドが広く人々に知られるようになってきたのが、2011年くらいであることがわかってきたが、その点に関して、2つの世界を行き来した経験を持つというK氏に話を聞くこともできた。

ParallelWorldCoin_4.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

「8分違いのパラレルワールドが誕生したのが、がちょうど昭和から平成にシフトするころ、つまり1988年~89年にかけてだと思います。そのころ、宇宙の“時間の法則”を安定させていた暗黒物質に大きな物理的変異が起こり、時間軸が、まるで避けるチーズのように裂けてしまった。それが理由で、8分違いの世界とわれわれの世界が、チューブのようなもので通じてしまったのです」

「それが2011年ごろ、広く人々に知られることになったわけですが、東日本大震災との関係はよくわかりません。ただ、その時期に8分違いのパラレルワールドでも地震が起きており、異った次元に存在する2つの世界の間を、重力が津波のよう行き来し、そのことが東日本大震災の被害を大きくしたのではないかという研究が、8分違いのパラレルワールドでは行われています」

「ちなみに、8分違いのパラレルワールドとこの世界の関係ですが、どちらか片方が8分進んでいて、もう片方が遅れているという関係ではないそうです。説明してくれた“帰還者”によると、『2つの世界は、純粋に8分間だけ違っていて、でも早いでも遅いでもない。ただズレている』とのことです」

コメント

24:匿名2017年10月 8日 16:13 | 返信

すでに※9と12で指摘されてますがコスモス社というすでに倒産したオモチャ会社のガチャガチャの景品だったコインです。
検索すると「昭和75年」のバージョンもあるみたい。
穴は元から空いていたよう。ガチャガチャの景品だから、本物特別がつくようにかな。

23:匿名2017年10月 1日 15:16 | 返信

パラレルワールドの存在は信じるが、この硬貨は怪しい、
デザイン的にも素人臭がするし、文字や絵がぼやけてクッキリしていない
それに
上に小さな穴が開いてるけど、キーホルダーとして作られたような感じもある、硬貨ではない、
仮にパラレル世界の本物の硬貨としてもあんなところに穴なんてあ開けるかな?

この硬貨は日本人以外、外国人か外国の組織が制作したような気がする、
目的は分からんが、こういうの流して日本人の反応や情報の変化をデータとして記録する為かもしれんし。

22:匿名2017年8月11日 12:39 | 返信

>>12
マジだった

21:匿名2017年8月11日 12:31 | 返信

Youtubeで丸パクリされてましたよ

20:匿名2017年7月 3日 20:42 | 返信

>日本国に存在する橋ではない。
????
皇居に行ってみろよ架かってるから
いい加減な調査してんな~~

19:匿名2017年7月 3日 18:05 | 返信

2015年5月22日につくばのコンビニで使われて事件になってる1万円硬貨と酷似している。。。。

18:匿名2017年6月13日 19:56 | 返信

パラレルワールドそのものは否定しない。現在の科学で証明することそのものが困難である為、あるかもしれないしないかもしれない。そこはいい。
8分違いの考えについても問題ない。そもそも時計っていうのは人間の考えた時間軸であり、1年っていう単位は365日もあれば366日もあるから一定とは限らない。その為、8分っていうのを480秒という考えは人間の考えであり、それを天体の位置(月の満ち欠けや日の沈む時間)等により、それを我々にわかりやすく8分としている。という点が言えるので可能性はある。

だが、文章で、「その世界では、1時間が52分しかなかった」
これ、どういうこと?人間の概念の中で1人の人生が1年が12ヶ月でなく11ヶ月で回っている人っていうのがいたりするが、1時間が52分しか無いのなら、時間軸そのもののスピードが違うこととなり、8分どころじゃなくなるでしょ。仮に1990年に同じスタートをして2010年までの20年進んだとしたら、974日ずれることとなり約2年半先の未来になるでしょ。文章途中にもあるように8分が進んでいるとも戻っているわけでもないと言ってるが、この発言が事実なら時間軸が速い世界を確定させてるのではないだろうか?

この点があったので、たとえ8分違いの世界が存在しても世界の証明に至らなくなると思います。

17:匿名2017年5月 3日 04:55 | 返信

こんな記事を見つけた。
[引き出しをゴソゴソあさっていたら、記念硬貨を見つけました。]
2015年8月に、知恵袋に掲載された質問に、その物ズバリの写真があった。
この硬貨は、1点ものじゃないんだろうね。
キーホルダー説に一票。

16:匿名2017年5月 3日 03:26 | 返信

いや、穴は偽物だと判別つくように警察が開けた物ですよw

15:匿名2017年4月26日 22:45 | 返信

>>とりわけパティオ(中庭)を持つコンクリート打放しの集合住宅や、複雑に増築された繁華街の建物などが、異世界への扉となっているケースが多いそうだ

ふむふむ・・・「カードキャプターさくら」の劇場版ですな! これは・・・(笑)

14:匿名2017年4月17日 11:18 | 返信

大江戸猫ってだれ?
昔子供用玩具でそっくりなのがあったで、ちなみに会社は倒産しているが。
楽しいオカルトがただのフェイクニュースだったらしらけてまうで。

13:匿名2017年3月30日 17:03 | 返信

ゲラゲラの世界だな。
でも同じ文字だというのが分からないが。
並行世界でもゲラゲラの世界は意味の分からない日本語の羅列だったそうだから。

12:匿名2017年3月18日 23:12 | 返信

これコスモスのオモチャじゃん
くだらね~www

11:匿名2017年3月18日 21:41 | 返信

犯人のその後が知りたい。 もう元の世界に戻ったかな
文春さんその後を調べて書いてくれないかな

10:匿名2017年3月18日 13:54 | 返信

>>5

上にあいてる穴が材料費の節約のため?
馬鹿な話も大概にしてください!
こじつけもいいところ!倫理的じゃない。

それとも向こうの世界の人は馬鹿なのですか?
もし、パラレルワールドがあって向こうの住民が
いるのならその方達に失礼ですよ、、、

9:匿名2017年3月18日 02:36 | 返信

平成2年あたりにコスモス社の コスモスコイン
裏面はコスモス社の惑星見たいなロゴと子供銀行刻印

8:匿名2017年3月17日 22:52 | 返信

単に、どこかの国で作ったメダルなのでは。 パラレルの話を言った人物も犯人の仲間かも
パラレルワールドがあることは科学者や物理学者は知ってるとか、「モーガンフリーマン」という
テレビ番組で言ってた様な気がする  でも今回の事件は悪ふざけで使っただけでしょう
どう見てもあの硬貨は出来が悪いただの、メダルだよ
きつーいお仕置きしないといけないな 

7:匿名2017年3月17日 14:26 | 返信

>複雑に増築された繁華街の建物などが、異世界への扉となっているケースが多いそうだ。

映画『バケモノの子』の「渋天街」への行き来を思い出す。

6:匿名2017年3月17日 13:03 | 返信

>>高価な希少金属が使われるなど上質な材料で、鋳造技術も大蔵省造幣局と比べて遜色ないレベル
のコインが、どうして台湾やフィリピンの土産物になってるんだ?
トカナの取材力には相変わらず感心させられる。

5:異世界からの来訪者2017年3月17日 12:58 | 返信

異世界では昭和は68年まで続きました。この一万円硬貨は覚えています。懐かしいですね。面の橋の図柄ですが、伊勢の宇治橋です。上に空いている穴?ですが、向こうの硬貨は全てに穴が空いています。材料費の節約の為です。

4:匿名2017年3月17日 11:02 | 返信

パラレルワールドの存在は信じないわけでもないけど
その前に商品とお釣りを渡した店員さんもかなり間抜けでは、、、
渡す前に普通気付かないのかな?

で、その一万円硬貨を使った男は逮捕されてどうなったの?
この世界は俺の世界と違う!とでも言ったのでしょうか?
肝心なところが抜けてる。

よく見ると1万円硬貨の上に穴が開いてますよね?
これってアクセサリーとかキーホルダー用に作られたものじゃないんですか?
似たようなものが出回ってるのを台湾かフィリピンあたりで昔見た気がします。

3:匿名2017年3月16日 19:36 | 返信

8分違いの世界はある!と断言したねえ。
で、8分違いの世界を信じ、広めている大江戸猫くん、君にはやらなければならないことがあるよ。
この世界には存在しない貨幣を使ったわけだから冤罪とはいかないが、悪意が無いのに捕まっている男性を助ける義務がある。
今すぐ警察に8分違いの世界が存在することを連絡して、男性を救出しなさい。
続報を待っている。

2:匿名2017年3月16日 15:21 | 返信

異なる平行世界間を超えられるのはエントロピー(情報)だけ。質量を持つ物質は絶対に他の平行世界へは行けません。よって他の平行世界から人間が迷い込んでくるなどという事は絶対にありえません。平行世界はそれぞれが光速で移動しています。相対論質量は光速に達した時点で無限大になります。無限大のエネルギーを発生させられる文明はありません。よって不可能です。

1:匿名2017年3月16日 14:46 | 返信

外のサイトで画像を確認したら、裏面のデザインが昔の100円記念硬貨と似ており、「日本国」の文字もセンタリングされてなく非常に粗悪なつくりです。とてもパラレルワールドの存在する日本の造幣局が作ったものとは思えません。8分違いの平行宇宙の話は面白いですけど、硬貨の真実性については盛りすぎではないですか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。