>  >  > ポンペイの2人の乙女、実はゲイカップルだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Pompoii2Girls.jpg
 「Daily Mail」の記事より

 ユネスコの世界遺産にも登録されている、イタリアの古代都市ポンペイ――。2千年以上前にローマ人の余暇地として繁栄し、最盛期の人口は約2万人に達したといわれるが、西暦79年にヴェスヴィオ火山の大噴火で火山灰が降り続け、さらに火砕流の発生により一瞬にして完全に地中に埋まってしまった悲劇の都市でもある。


■抱き合う“ふたりの乙女”は実は男性同士だった!

 大噴火の犠牲者は2000人から1万人以上ともいわれており、突っ伏すように下を向く人や母親にしがみつく子ども、走りながら逃げ惑う人など、火山灰は市民たちの最期の姿をとどめたまま封じ込めてしまった。

 肉体が朽ちた後は空洞となって残り、その空洞に石膏を流し込んで成型したポンペイ人の石膏像の数々が、現在博物館で展示されている。

 その石膏像はどれも当時の大災害の悲惨さを生々しく我々に訴えかけているが、その中に「ふたりの乙女(Two Maidens)」と呼ばれている、きつく抱き合って最期を遂げた2人の有名な像がある。

thetwomaidens1.JPG
「ふたりの乙女」 画像は「Wikimedia Commons」より

 両者共に一見華奢で丸みを帯びた体つきだったこともあり、発掘されてから今日まで、かなりの長きにわたって女性同士だと信じられてきたが、最近になりCTスキャンとDNAテストを行った結果、2人は実は男性同士であることが判明したという。2人の推定年齢は、18歳と20歳前後のようだ。

 DNAからはこの2人が血族関係にない、という確かな分析結果が出ているようで、調査した研究者は「無論本当の関係は知る由もないが」 と断りを入れながら、彼らにはなんらかの感情的なつながり……つまり同性愛者であった可能性も否定できない、とコメントしているという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。