>  > ダウン症の子どもの前に現れた「守護天使」をバッチリ撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【衝撃】ダウン症の子どもの前に現れた「守護天使」をバッチリ撮影することに成功! やはりダウン症児は天使だった

 この笑顔の素敵な男の子は、アメリカに住むアッシャー・ライルズくん(7)。体細胞の21番染色体が1本余分に存在する遺伝子疾患「ダウン症候群」を患っており、話すこともできないが、両親はそのことを肯定的にとらえ、本来の名前にもう1つのAを追加し、「AAsher」と名付けた。  この度、アッシャー君が撮影した1枚の写真が、世界中で話題となっている。母親のケリーさんによると、当時2人は自宅のある米テ...

関連キーワード