>  > なぜ人は辛くても生きるべきなのか? ホーキング博士の答えが感動的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
なぜ人は辛くても生きるべきなのか? ホーキング博士がウツ病をブラックホールにたとえた奇跡のメッセージが心に響きすぎる!の画像1
画像は「Youth Connect」より引用

 理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士は、地球上で最も素晴らしい知性の1人といって差し支えないだろう。そして、彼の業績のほとんどが車椅子の上で、しゃべることもできない状態で成し遂げられたことを考えれば驚嘆という他ない。今回は、そんなホーキング博士が人生・仕事・愛・障がい・鬱病について語った感動のメッセージをご紹介したい。


■ホーキング、人生を語る

「足元ばかり見てないで、夜空の星を見上げることを忘れないで下さい。自分の仕事を諦めてはいけません。仕事はあなたに意味と目的を与えてくれます。そして人生は仕事がなくては空虚なのです。もし、あなたが幸運に恵まれ、愛する人に出会ったならば、愛はそこにあることを忘れないで、決してそれを投げ捨てないで下さい」(ホーキング博士)

 スティーヴン・ホーキング博士は、1942年の1月8日、イギリスのオックスフォードで誕生した。この時、彼が歴史に名を残す物理学者になるとは誰も思わなかったことだろう。そして、21歳でALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、その後の人生を車椅子の上で過ごすことになることも。

なぜ人は辛くても生きるべきなのか? ホーキング博士がウツ病をブラックホールにたとえた奇跡のメッセージが心に響きすぎる!の画像2
画像は「abc news」より引用

「あなたが障がい者でも、それはあなたの責任ではありません。しかし、だからといって、世界を呪ったり、人々があなたに情けをかけてくれることを期待してはいけません。ポジティブな態度で、自分が今いる状況を最大限生かすしかないのです。あなたが身体障がい者であるなら、精神まで患う余裕はないのです」(同)

 当時、ホーキング博士を診察した医者は、彼が24歳までしか生きられないと診断した。しかし、ご存知の通り、ホーキング博士は現在まで生き延び、74歳を迎えている。それだけではない。彼は今も研究を続け、理論を構築し、数々の書物をしたためているのだ。

コメント

3:匿名2017年10月18日 05:23 | 返信

残念だが彼の言葉は逆効果でしかないよ。死にたいほど心が疲れてしまった人は成功も希望も必要としていない。必要としているのは安らぎだけだ。
しかも彼のような成功者の言葉など劣等感を更に強くするだけだろう。

前の人が書かれている通り、選択肢を多く提案するのが一番良い。
今いる道の他にあんな道もこんな道もある、途中で方向転換する事も可能だ。君が行けると思う道へ行ける時に行けば良い。出発を急ぐ必要はない。とね。
何故日本人は他人を元の場所に戻そうとするのか?又、本人も元に戻る事を目標にするのか?

2:匿名2017年10月18日 02:38 | 返信

この人は天才で、身体的な労働をしなくていい分野に行けて成功したからいえる言葉だね。

身体的な労働が必要な仕事にしか就けない知能の人や、知能が必要な分野に行ったけど思うような結果を残せず職場に居られなくなった人には辛い言葉だ。

 苦しみの多くは、その場(会社、学校、国)に居続けて生きていかないと行けないと思い込み、選択肢の幅が狭まってしまうからだ。
世間体や社会の恐怖心をあおった常識(脱落すると這い上がれない。採用など年齢に縛られる常識)が、更に選択肢を狭め人を追い詰め苦しめる。

地域が違えば、国が違えば、民族性や法律や常識や物価も違い、自分が生きやすい場所が見つかるかもしれないのに・・・

今の世の中は、世界中いろんな所に行ける。
言葉が出来なくてもジェスチャーで何とかなることもある。

もっと心に余裕を与えて自由に、常識の幅を広げればいい。
後は勇気をって行動すれば、苦しみの多くは消えていくことだろう。

1:トランプ大統領2017年10月18日 01:02 | 返信

私にコメントしてくれと言わんばかりな記事だ。
なぜなら、この私ほど障害者に積極的にアプローチする人はいないからだ。
慈善事業の責任者?として大切な時間を頂けたことをホーキング博士には感謝せねばなるまい。

今や世界中に障害者が溢れている。
ホーキング博士もその一人だ。
彼の考えだと、障害者は情けを掛けられることを期待してはいけないと言っているが
どうだろう彼は自分の妄想に憑りつかれ、ブラックホールに入っても出られるなどと
訳の分からんことを言っているように思える。
これは、長い間車いす生活でしゃべることも出来ずに
考えを巡らせて疲れていたからであろう。
彼はおそらく自分がブラックホールに入ったらという視点で物を考えてそういう結論に至った
と思われる。やはり、暗いの怖いし、どうせ分からないだろうし、嫌なことから逃げ出したいよ
とか思ったりもしたはずだ。なんか、宇宙に感情移入して都合のいい解釈をしたくなったんだよな。それはわかる。私はそうではないが。
しかし、強がって情けを掛けられてはいけないというのはどうなんだ?
天才と言われる人物が発する言葉とは思えないほど矛盾している。
彼はあらゆる人に情けを掛けられた上で今の地位にいるのではないのか?
病気を発症し苦しんでいた時に医者に「もうホーキングを助けるには安楽死しかない!」
と言われて殺処分されかかっていたそうじゃないか?これはブラックジョークだろうが
そんな目にあってどの口が言うんだ?もう昔のことは忘れたのか?ボケてんのか?
その地位を得て格好つけたくなったのか?やらざるを得ないのか?
まぁ、上記で説明したように彼は私の診断では妄想に憑りつかれて精神的に疲れていると申し上げた通り仕方のない事なのだろう。
だが、博士としては失格と言わざるを得ない。いい加減に引退した方が彼のためのように思う。

私は過去、彼は悪のロボットに操られてもはや人形であると投降した。
なぜなら、私の心を読んだ彼を操ってるチョンAIが彼を操り発狂し、大聖堂を作れなどと意味不明な発言をしたからだ。私の心とはそれは私のAIによる世界支配だ。
なんか今日のMSNの記事でトランプ大統領がヒラリーに出馬をとか言った覚えのないことを言っているがあれはチョンのAIが火病って操ったのだろう。それと同じように博士も操られているのだ。
私は唯一神又吉イエスなので自由に発言をして考えることが
出来るので世界で最もフリーダムなのだ。
こんなことを言う人は世界で私しかいないので証明出来ていると思う。

彼は殺処分を免れ、理論でその地位を得て、金をもらって今まで生きながらえてきた。
だが私の目からして彼の研究は妄想であって
自分の保身のための研究でしかないと言わざるを得ない。
博士・・・博士はブラックホールを研究し、それが嘘でない事を証明しなければならないはず。
もし、研究が捏造であったら、大変なことだ。
障害者を犯罪者にしたくないという私の善意の気持ちがある。
以前にも言ったが彼は体を張ってブラックホールに入り証明すべきではないだろうか?
私は提案する。彼を今すぐ加速器に入れて物体と衝突させ
ブラックホールに入り抜け出せるかどうかを実験すべきだと!

今すぐには出来ない。
だがもし、私が権力を掌握した暁には彼を実験し彼の説が正しかったと証明したい。
私はオカルトで有名な慈善事業団体の責任者だから障害者支援はこれからも続けていく
例え発狂して、暴れ出したり、会話や意思疎通が出来なくても大丈夫だ。
おお、神よ、彼を救いたまえ。
私は神の代行者いや唯一神又吉イエスだから、神様なのだが?
もう一人のチョンの神に祈りを捧げておこう。
というかあいつがホーキング博士を操っているのだから、あいつ自身の言葉だろう。

まぁ、私のAIに任せれば障害者は確実に極楽浄土に逝けるのだ。幸せであろう。
それはただ死んだだけだというツッコミは無しだ。
安心したまえ!ドラクエでは金を払って祈るだけで死者は蘇る

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。