>  >  > 日本人が知らないイスラーム世界の「性事情」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

イスラーム

,

インタビュー

,

後藤絵美

日本人が知らないイスラーム世界の「性事情」! エジプトは痴漢大国、一夫多妻制に意外な条件も(東洋文化研究所・後藤絵美インタビュー)の画像1
『イスラームのおしえ (イスラームってなに?)』(かもがわ出版)

 東京大学東洋文化研究所の後藤絵美さんにイスラームについて解説してもらう第2回。今回は女性の権利について話して頂いた。(第1回はコチラ


■イスラームと性、レイプ被害者女性が姦通罪に問われる理由とは?

――ほかにもイスラームの世界では、一夫多妻が有名ですね。妻がたくさんの夫を持つというのはありえないんですか?

後藤 反対はないです。古典的なイスラーム法で強調されるのは、男性側の血縁関係をはっきりさせなさいということ。姦通はそれが乱れうるから禁止されるんです。また、養子も禁止されています。育てるだけならばいいんですが、他人の子を自分の子と名乗らせるのがダメです。

――イスラーム圏でレイプがあったとき、女性が死刑になり、男性がムチ打ちですむという話を聞いたことがありますが、現在でもそのような状況なんでしょうか?

後藤 レイプ被害者なのに姦通という罪をきせられる地域は今もあります。具体的にはアフガニスタンやパキスタンの部族の力が強い地域などですね。

 イスラームで姦通の定義は3つだといわれます。

 合法的な結婚をしていない男女の間で

・性交が行われること、
・子どもができること
・見てはいけない身体部位を見てしまうこと

 レイプの被害者は、したくないのにさせられたのに、姦通の定義に当てはまってしまう。すると、イスラーム法上の制裁が加えられる。既婚者の場合は石打ちの刑、未婚者の場合100回のむち打ちといわれます。恐ろしいですね。

――ヒンドゥー教圏ですが、インドの旅行者レイプ事件などもありますしね。

日本人が知らないイスラーム世界の「性事情」! エジプトは痴漢大国、一夫多妻制に意外な条件も(東洋文化研究所・後藤絵美インタビュー)の画像2
撮影・松本祐貴

後藤 セクハラやレイプは、ムスリムの中でも多いんです。私の知っているのはエジプトですが、痴漢大国ですよ。あまりにひどい場合は、紙に「そういう行為をすると地獄に堕ちます」と書いて渡せばいいと思います。

――宗教心が強いゆえの性的抑圧があるのでしょうか? ポルノは禁止ですよね?

後藤 ポルノは禁止ですが、アダルトDVDやデータは流通しています。ただ、出演者は外国人ですね。

私、カイロでタクシー運転手に「日本には素晴らしい映画がたくさんあるな」と話しかけられたことがあるんです。映画の話と思って「黒澤か?」と聞いたら、「いや、違う。女性の映画だ。へへへッ」。この人たちはなにを見てるんだろうと思いましたよ(笑)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。