>  >  > 人間の「第六感」を著名科学者が発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

シックス・センス

,

磁場

,

磁覚

,

第六感

【ガチ】人間の「第六感」を著名科学者が発見! 脳内の「磁覚=シックスセンス」の存在が実験で証明される!の画像1
カーシュヴィンク教授「Science」より引用

 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚に続く、第六の感覚。「虫の知らせ」や「霊感」として我が国でも古来より知られていたが、映画『シックス・センス』により広く人々に知られるようになった。だが、その存在は科学のメインストリームからは無視され、もっぱら「超心理学(parapsychology)」の領域で研究されてきた。


■第六感は実在する!

 そんな中、カリフォルニア工科大学の地球生物学者ジョセフ・カーシュヴィンク教授が、人間にも第六感ともいうべき未知の感覚があることを2016年に証明していたというのだ! ミステリーニュース「EWAO」が報じている。

 ある種の動物は磁場を検知することができると知られている。たとえば、渡り鳥の目の中には生物学的な“コンパス”が形成されており、それにより磁場を感知していることが明らかになっているが、これと類似の能力が人間にも備わっているというのがカーシュヴィンク教授の主張である。このことが証明されれば、「磁覚」ともいうべき第六の感覚を我々は持っていたことになる。だが、一体人間はどんなメカニズムで磁場を感知しているというのだろうか? これには2つの可能性があるという。

【ガチ】人間の「第六感」を著名科学者が発見! 脳内の「磁覚=シックスセンス」の存在が実験で証明される!の画像2
画像は「Science」より引用

 1つは、地球の磁場が青色光受容体「クリプトクロム」に量子的反応を起こしているというもの。クリプトクロムは鳥、犬、人間の網膜に存在することが発見されている。

 2つ目は、磁鉄鉱でできた小さなコンパスを持つ磁場の受容器のようなものが人体に存在するというもの。ずいぶん稚拙なアイデアのように思われるかもしれないが、事実、鳥のくちばしや、マス類の鼻には磁鉄鉱が含まれていることが分かっているという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。