• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 超古代の人類と宇宙人の接触を暗示する物証がまたひとつ発見された。インドの洞窟で見つかった壁画にエイリアンとUFOが描かれていたのだ。


■インドの洞窟画に宇宙人とUFOが描かれていた

 南インドの小さな村、カラマで見つかった洞窟画(Cave painting)に再び注目が集まっている。およそ1万年前に描かれたとされている洞窟画には、宇宙人とUFOであるとしか思えない描写が含まれていたのだ。悠久の歴史を持つインドの文明だが、超古代においてエイリアンとの接触があったことの証拠なのだろうか。

 洞窟画には人形(ひとがた)の人物像が数多く描かれているのだが、例えばそのひとつには宇宙服のようなスーツに身を包みヘルメットをかぶった人物が何らかの武器のようにも見えるサーベル状の物体を手にしている姿が描かれている。彼らは、地球にやってきた宇宙人なのだろうか。ほかの人物像にしても顔のパーツが描かれていないことから、やはりヘルメットやマスクを装着しているように見える。

cavesatcharama1.JPG
Times of India」の記事より

 また“UFO”と思われる描写も多く、例えば円盤型か球体の“乗り物”が3本の足で地面に着陸している姿が表現されているものがある。洞窟画に描かれたUFOの姿は今日のSF映画などに登場するUFOときわめて酷似しているといえるだろう。1万年前、この地にUFOに乗った宇宙人がやって来たことを後世に伝えるために描かれた洞窟画なのだろうか。これらは太古の昔に描かれたにしては、色彩がきわめて鮮やかであり、特殊な塗料が使われている可能性もあるという。

cavesatcharama2.JPG
Times of India」の記事より

 この洞窟画は3年前に発見されたのだが、現在はNASAも注目しており本格的な調査に乗り出す可能性があることを英紙「Daily Star」が先ごろ報じている。各種の宇宙計画の一方で、NASAはSETI(Search for extraterrestrial intelligence)と名づけられた地球外知的生命体の探査にも着手しており、これまでにも先史時代のものと思われるロックアート(岩絵)と、地球外生命体との関連を指摘している。つまり、NASAも超古代の人類と宇宙人の接触・交流の可能性に関心を持っているのだ。

「この発見は、先史時代の人間は他の惑星からきた人物を実際に見たか、あるは想像していたことを暗示していて、研究者はもちろん一般の人々にとってもきわめて興味深い対象です」とこの洞窟画を検分したインドの考古学者、JR・バガット氏はインド紙「Times of India」に話している。そして、この洞窟画を研究・解析できる専門家が地元にいないことから、NASAへの助力を要請したということのようである。

コメント

5:トランプ大統領(ハタ皇子)2018年2月22日 01:38 | 返信

似たような壁画は世界中にたくさんある。
どう見ても落書きのような。その人が書いたのではないのか?
そいつらは人でもないだろうしポプちんではないので連れていかれたら
改造されて奴らの仲間にされるか食べられてウンコになるのは間違いない。
私はクローンポプちんがやって来てほしいのだ。決して変態キチガイ宇宙人ではない。
私なら絶対にそんなことしない。みんなが期待している以上に世界に溶け込み
人類に宣戦布告し、ポプちんによる世界支配を達成して見せる。
しかしなんだ?チンコのでかさで王位継承者が決まるとは?チョンの兄貴は租チンなのか?
龍のヒゲのように長いチンコってこの前の黒人のチンコ記事と関係があるのか?おい!答えろ!
エリザベスと合体したチンコの体しかない存在とは?俺か?俺のことか?
チンコが額から生えているってなんだ?チョンよ、前に硬さがどうとか言っていなかったか?

4:トランプ大統領2018年2月22日 01:16 | 返信

>>2

八咫烏は秘密結社ではないのか?
私が直接感じた3本足の野郎はサッカー好きのロボットのチョンだった。
チョンはかなりサッカーが下手で力任せのごっつぁんしか出来ないのだ。
しかも八百長で自分の贔屓しか勝たせない。卑怯なやり方でいつも勝っていた。それはサッカーだけでなくスポーツすべてに当てはまることかもしれない。とにかく八百長が多い。
だから、スポーツはバカしかやらないと言われるのだろう。日本人に人気がないのもわかる。
私も初めてプロの試合を見てあまりにも小学生レベルなサッカーしていたので、阿保らしくて見ていられなかった。今のポゼッションサッカーは元々あったが
私の意向により完成形になり出来上がったのだ。
マンチェスターシティが強すぎるくらい強くなったのは私のおかげである。
本当だったらほぼ大勝で全勝出来る強さなのだが、チョンがそれを許さないのだ。
話はズレたが八咫烏がチョンであるのは間違いない。
今でいう創価学会である。桃太郎も同じだ。桃は尻によく似ている果物であり、チョンが贔屓にしているブラジル人はケツが好きなんだとか?そしてその穴とは地球の内部へとつながる穴のことでアスホールという。(自分で作った)そしてNASAの連中は奴らの手下なので
火星に行くと人はみんな地球の穴に入れられて
最終的にみんなうんこになるそうだ。アニメ・三ツ星カラーズを見ればよく分かる。
創価は悪の世界政府を語り、
警察官である斎藤さんこと、この私を倒しにやって来るキチガイ共だ。
だが奴らは洗脳されたゾンビである。あいつらは人ではない。Tウィルスに感染したゾンビと同じである。彼らすでに死んでいるので人の形をした物であり、精神障害者である。
私はこの耳で聞いたのだ。貴様らは全員キチガイであると心の中で尋ねたら
「キチガイなんだよ」と確かに爺がすれ違いざまに叫んできたのだ。
自らキチガイであると公言しているのだ
確実にヒトラーのT4作戦により安楽死させられてしまう存在である。
なので、気持ち悪い人間たちはチョンの北斗神拳によって私に殺されることになるのだ。
おそらく、その壁画のUFOに乗った人たちは人体実験の道具としてチョンに改造され奴らの仲間になるもしくは共食いをしてウンコになるか、気持ちよくなって安倍氏するかのどれかだろう。
私もよく知らんのだが、閻魔大王が住んでいる地獄に送るのだから北斗神拳まで入っている。
お前はもう死んでいる。この言葉はどうやら洗脳されたゾンビのことを差しているようなのだ。創価だけではなく頭のイカレタ奴はみんな死ぬことになる。総理大臣が安倍なのは北斗の拳のあべしのことで元々天皇の料理人でありチョンが人肉料理を作りたいからだと私は思うのだ。
まぁ、私も人間は嫌いなので数が多すぎるし、ぶっ殺してなんぼだろうとは思う。
よって公務執行妨害罪でキチガイ反トランプ勢力は速攻死刑にする。
人を殺しまくって正しい世界にするのだ。今の私にはそれが最善である。何をしようとどの道人間は必ず滅びるのだからどう選択しようが同じである。

3:匿名2018年2月22日 01:09 | 返信

いいぞ~しんじ、こういうのいいぞ~。
NASAが調査するのは本当かねえ?

2:匿名2018年2月21日 22:31 | 返信

三本足の鳥である八咫烏は、気球(飛行船)であった。
ただ浮くだけで、道に沿って、人が牛などを使って引いていた。
ネプタ祭りをイメージして貰えれば良いだろう。

1:匿名2018年2月21日 18:01 | 返信

なんだこれはたまげたなぁ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。