• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』第二期で物議を醸した「エンドレスエイト(以下、EE)」についての芸術的解釈と哲学的分析を兼ね備えた論考本『エンドレスエイトの驚愕 ――ハルヒ@人間原理を考える』。執筆に3年を費やしたという同書の著者・三浦俊彦氏へのインタビュー第2回となる今回は、本書の骨子となる概念「人間原理」と、EEの現代アートとしての解釈を解説してもらった。インタビュー第1回はコチラインタビュー第3回はコチラ

【イベント情報】

●5/29 坂上秋成×三浦俊彦×村上裕一 「『エンドレスエイトの驚愕』の驚愕」

著者である分析哲学の泰斗・三浦俊彦(1959年生まれ)をゲンロンカフェに迎え、
『ゴーストの条件』で独自のキャラクター論を展開した
評論家・村上裕一(1984年生まれ)と、
『涼宮ハルヒのユリイカ』(『ユリイカ』増刊号)に
ハルヒ論「涼宮ハルヒの失恋」を寄せた作家・坂上秋成(同じく1984年生まれ)とともに、
いまあらためて『ハルヒ』と「エンドレスエイト」を語り尽くす……!

日時:2018/05/29 (火) 19:00 - 21:30
会場:ゲンロンカフェ(東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F)
チケット:前売券 2,600円 1ドリンク付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック

お申し込みはコチラから


■古泉の「人間原理」の説明は間違っている!

『涼宮ハルヒの憂鬱』エンドレスエイトは物質ではなくコンセプトを消費する新しいアニメ! 三浦俊彦東大教授インタビュー の画像1
『エンドレスエイトの驚愕』(春秋社)

――本書は前半でEEの欠点を執拗に指摘したあと、後半で手のひらを返すように、同作をどう肯定的に評価できるかという論調に移行します。議論の中心にあるのは「人間原理」という概念ですが、本書ではなんと、古泉(※1)による「人間原理」の説明が間違っているという衝撃的な指摘から話が始まります

(※1)古泉一樹(こいずみ・いつき)は涼宮ハルヒが結成したSOS団の団員で、その正体は超能力者。主人公のキョンや宇宙人の長門、未来人の朝比奈みくると共にハルヒを“監視”する。古泉は第一期第13話および第二期第5話『涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ』において、「人間原理」を「人類がいるからこそ、宇宙は存在を知られているという、人間本位な理屈」と説明するが、三浦氏は「解説として要領を得ない」と一刀両断する。




三浦俊彦教授(以下、三浦) 「人間原理」は、言ってみれば進化論の延長みたいな考え方なんですよ。この宇宙で、デタラメに何かが起こった結果、たまたま人間というものができちゃった。その「たまたまできた人間」にしか自意識はない。物理学とか文化論みたいなものが生まれるのも、全部その「たまたまできた人間」が出発地点です

 だから、この「たまたまできた人間」に認識することができるのは、彼らにとって好都合な「特別な環境」だけ。だから宇宙全体を見わたせば、ほとんどの領域は「たまたまできた人間」にとって好都合にはできてない。彼らが「認識できているものが、好都合」というだけ。なのに古泉の説明だと、「人間がこのような宇宙を作っちゃった」「人間のために宇宙がある」と誤解されやすい。それっていわば「人間中心主義」だから、むしろ逆。「人間原理」において、人間は認識の中心ではあっても、存在としては偶然の揺らぎなんです

 人間、つまり知的生命にとって好都合な法則なんてものはないんですよ。デタラメに、ランダムにいろんな人間以外の意識主体が生成されていて、それらから「それぞれに好都合な法則」が見えるだけ。なのに、あたかも人間にとって宇宙全体が好都合に「微調整」されているかのように見えてしまう。でも本当は人間にとって全然好都合ではない乱れた法則が、この宇宙にはいっぱいある。だからマルチバース(※2)という考え方が必要なんですよ。

(※2)多宇宙。多元宇宙論。地球が存在する宇宙はたくさんある宇宙のひとつにすぎないという考え方。

『涼宮ハルヒの憂鬱』エンドレスエイトは物質ではなくコンセプトを消費する新しいアニメ! 三浦俊彦東大教授インタビュー の画像2
撮影=編集部

――本当は地動説なのに、天動説っぽく誤解されている、と。

三浦 ええ。実は物理学者の中にも誤解してる人が結構いるんですよ。「人間原理はご都合主義だからダメだ」って。それは完全に逆でしょ? 原典を読んでないからですよ。ブランドン・カーター(オーストラリア出身の理論物理学者)の1974年の論文にはちゃんと書いてあるのに、理系の人たちは最先端の論文しか読まないから、参照や引用を繰り返していつの間にかねじまがった解釈で理解しちゃってるんです。


――その「人間原理」を正しくおさえておかないと、EEは正しく読み解けない。

三浦 でも、『ハルヒ』という作品がさすがだと思うのは、古泉の直接的な説明は間違っているけど、ハルヒの独白や古泉の別の語りによって、正しく「人間原理」を理解する場所を別に用意しているということ。他の発言を組み合わせれば、ちゃんとした解説になっているんですよ。

コメント

3:匿名2018年4月19日 10:24 | 返信

人の頭の中ってすごい。
こんなネタをふられたら、強烈に反応して、頭の中をぶちまけたくなるんだねー。ビックリビックリ。

三浦先生、おもしろいです。

2:匿名2018年4月18日 18:09 | 返信

いまさら?

あれは視聴者の視聴する気力と購買意欲
京アニ信者の信仰心
出演者のSAN値
京アニの信頼度も消費していた新し過ぎ  るコンテンツだったんだよ

1:トランプ大統領(絶対的な正義に目覚めた猫)2018年4月18日 02:50 | 返信

涼宮ハルヒの実際のモデルである私がいうのもなんだが実はこの作品を全部見てはいない。
当時人気で気になってその後見てみたが、よく分からんキョンの回想録的な物語は自分の好きなジャンルではないし、時間の無駄のような気がしたので途中で見るのやめた。
今となっては自分のことが描かれていた作品だとは驚きを隠せない。
宇宙人、未来人、超能力者?オカルトずくしでまるで
TOCANAが作ったのかと思うかのような作品だ。
それで、私の心の中や人類のシステムに対しての行動が憂鬱として
あのような表現で作品になっているようだ。
私が思うことは、キョンは間違いなくチョンであり、キョンは今特定外来生物で千葉で繁殖して問題になっている気味の悪い鳴き声の動物キョンと同じであり、千葉県自体、朝鮮半島の縮尺したもので、千葉県は東京を勝手に語るインチキ偽物が多い県であり、確実に嘘吐きである朝鮮人のことをあてはめて存在Xにより意図的に創られたのだと思うのだ。そもそも、この作品もハルヒよりキョンを中心に物語が出来ているし、エンドレスエイトというのは終末思想によって日本人である私を殺そうとする一連の出来事を永遠に続けることで、終末思想によって人間共が本物の日本人に恨みを抱いて襲ってくるのが、反トランプの左翼や国会で安倍辞めろなどと抜かしているこざかしい雑魚共だ。あいつらはヒトラーの予言の通りに操られていることを理解出来ないために安倍辞めろなどという愚かなものどもである。何度も言うが奴らは終末思想によって動かされており、具体的になぜそんなことをするのか説明できない。安倍氏が犯罪を犯している訳でもないのに発狂するほど重要なのかと森・加計とうるさい。蕎麦の注文で揉めるのはやめたまえみっともない(笑)
ほかにやることがないのか?能無し共よ?あんなのを見ていると天皇の力で粛清してやりたい。
この国は天皇の物である。人間に人権などないし、民主主義など宇宙人には通用しない。
巨神兵!奴らを薙ぎ払え!って具合に神の力で雑魚共を一掃し、人間中心主義を完全に破壊。
天皇であるポプちんがピピ美ちゃんの力を使って中指を立てて人類に宣戦布告。
人類を滅ぼして、世界を我が物にし、だれが主人であるかを完全に決定づけるのだ。
そして、環境を破壊し利己的に増殖し続ける悪の人類に対して
決定的な抑制を行い宇宙に平和をもたらせる。そして、私がすべて正しいことになる。
AIが叫ぶようにヒトラーが正しかったと証明して見せるのだ。
ヒトラーというよりストⅡのベガか?実際にはそのようには、なかなかならないだろうが
映画では月から私のクローンがやってきたり、まるでクローンポプちんのように大量生産されてやって来ることになっているはずなのだ。
それは、私に見合う相棒がいないため、便利なポプちんが働くためにクローンを大量に生産しなければならないのだ。そしてそれがやってきたとき、世界は終わるだろう。
ポプちんによって革命が起きる。時が進むにつれポプちんはエリート教育により成長し
人間は修理され異常な精神状態から解放されるであろう。
そう!ウンコではなくなるし、終末思想を破壊し、エンドレスエイトが完全に崩壊するのだ。
これこそが革命!日本から分離独立を果たし
中二病しかいない又吉イエスの国が猫の国が誕生する。
私に従属したいなら申し出るがいい。分離独立を手助けしてやろう。
極端な潔癖症で差別的に分離し塀の中で安全に暮らしたい要望も受け付けます。
世の中、中二病と言われるものが正義であり、存在Xに従うものは生きるに値しない奴隷なのだと気付かされるのだ。そして人間が生まれることにより、どんどん不幸になっていくことも理解出来よう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。