• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 かつてイエス・キリストから世界の破滅について啓示を受け、世界の終わりについて直接話を聞いたという神父がいた。その神父はローマ・カトリック教会によって列聖された聖人であり、今なお多くの人々の信仰を集めている。一体彼はどんな言葉を聞いたのか? オルタナティブメディア「Disclose.tv」からお伝えする。

0605sanpio-1.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用


■イエスから世界の破滅を聞いた神父

 20世紀初頭から半ばまで活躍したイタリア出身の聖ピオ神父は、病人の治癒や予言といった数々の奇跡で高名なカトリックの聖職者である。その手に聖痕(磔刑になったキリストの手と同じ傷跡)が現れたことでも有名で、神からの啓示や悪魔からの攻撃も受けたことがあるとされる。1968年に死去したが、人々からの信仰は篤く、2002年には当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ二世から列聖された。ちなみに、その遺体は聖遺物として永久保存されており、ごく稀に一般公開される際には世界中の信者がピオ神父に会うためにやって来る。

PadrePio.jpg
聖遺物となったピオ神父 画像は「The Daily Mirror」より引用

 生前、聖ピオ神父は神から与えられる様々な精神的な試練に苦しんでいたという。そんな中、彼はイエス・キリストから世界の破滅と終わりについて、直接言葉を授かった。それは一体どんな言葉だったのか? 「DIsclose.tv」の記事によると、それは世界の終わりに関する12のメッセージだったようだ。

 では早速、12のメッセージをご紹介しよう。

コメント

8:匿名2018年7月25日 21:17 | 返信

人々が謙虚さを忘れて自然環境を汚染している・・・ 
これは我々ではない。
権力者と支配者のなす傲慢な所業、力なきひ弱な一般市民は与えられた苦行を生き延びるので精一杯、市民に罪無し。
神々の罰を与えるなら? まず権力を握る傲慢なるものへ最大級の神罰を与え、人々に道しるべを。

7:匿名2018年7月25日 11:59 | 返信

仏教では 現代はすでに末法の世になってるし
環境破壊に 人間の精神,信仰心の破壊
冠婚葬祭すら無くなりつつある時代
忌引きすら「取るなら 前もって言え!」と上司や総務に怒られるとか
この世こそ 本当の地獄なのかもよwww

6:匿名2018年7月24日 23:38 | 返信

こわいね~! しかし、
「地球は病んでいる。」ってイエスが言ったの?
地面が球体であるのが認められたのは
ずっと後のことじゃなかったのかな?


5:匿名2018年7月24日 18:39 | 返信

神父は、この猛暑について言及してないのか? ダメだなあ、編集部

4:匿名2018年6月24日 13:18 | 返信

3日間生きられるようにじゃなくて3ヶ月じゃね?

3:匿名2018年6月10日 18:25 | 返信

オルタという時点で嘘確定

2:匿名2018年6月 6日 17:54 | 返信

はあ? この神父が聞いたとされる終末に対する預言はもうとっくに聖書に書いてあるやん? 問題はそれがいつなのかわからんということ。現状はなにも変わっとらん。

1:余が朕2018年6月 6日 15:23 | 返信

千年前の古文書に記されていた、或は

今日、誰かが 戯れに考えたヨタ話 としても

通じてしまう・・・ 神さまって フレキシブル・・・

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。