【危機】ドイツ山中にナチス製“原子爆弾”が埋まっている!? 元エンジニアが発見「第2のチェルノブイリになる危険性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【危機】ドイツ山中にナチス製“原子爆弾”が埋まっている!? 元エンジニアが発見「第2のチェルノブイリになる危険性」
 第二次世界大戦末期、敗戦を免れないことを悟ったヒトラー率いるナチス・ドイツは、世界各地から強奪した財宝を列車に積み、山中地下の秘密基地に隠したと考えられている(ナチス「黄金列車」伝説)。戦後71年が経とうかという今でも、多くのトレジャーハンターたちは、それを血眼で探し回っているのだ。 ところが現在、とあるドイツ人男性がナチスの「財宝」ではなく「原子爆弾」を見つけてしまったとして大きな話題...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア