狂気的すぎる!!!

安楽死用ジェットコースターを構想!? 時速360kmで“生き生きと”死ぬ人々

関連キーワード:

,

 安楽死の考え方について、世界の人々は議論の渦中にいる。近年では、ベネルクス3国や米国ワシントン州において条件付きとはいえ合法化がなされ、一部の先進諸国ではそれに追従する動きも見られる。そんな中、リトアニア人の芸術家であるJulijonas Urbonas氏が、「安楽死用ジェットコースター」を構想して話題となっている。何の痛みも伴わず、幸福感のうちに乗客を死に至らしめることを保証するという、狂気のジェットコースターの全貌とは一体……?

coaster.jpgミニチュア・モデル1「Julijonas Urbonas オフィシャルサイト」より

 Urbonas氏が構想した「安楽死用ジェットコースター」の概要とは次のようなものだ。まず、安楽死希望者を乗せたジェットコースターは、レールの最高到達点を目指してゆっくりと上っていく。そして、最高到達点を越えたところで、時速360kmのスピードで、500mの距離をまっさかさまに滑走する。その後は、徐々に直径が小さくなる7回転連続のループが待ち構えており、それを通り抜けると、しばらくしてからようやく停止する。出発から停止までの走行距離は7,500m、時間にして3分間、さらにそのうちの2分間は、最高到達点を目指して上っている時間とされている。また、この2分間が特に重要で、安楽死希望者たちが、いま目の前にある自らの死という現実を、受け入れるために必要な時間なのだという。

 では乗客は、どの時点で安楽死するというのだろう。Urbonas氏によると、最初の500m急降下の時点ですでに多くの人が死亡し、次に待ち構えている1回転目のループを過ぎるまでには、ほぼ全ての人が死亡するという。どんな人でも2回転目のループを生き延びることはないらしい。なぜならば、この「安楽死用ジェットコースター」では、急降下から停止までの60秒の間に、10Gという重力加速度(遠心力と重力の合力)を全身で受け止めることになるからだ。体感的にこれは、あなたの上に、自身9人分の重みがかかっている状態に等しいのだ。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ