【メドツ】河童さん!? 青森県・八戸に出る“黒い妖怪”を目撃した女性、住職に口止めされる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

 どうも、怪談・オカルトを研究している吉田悠軌です。先日、青森県八戸市に取材に行ったのですが、その途中で奇妙な看板を見つけました。

「※☆△が出るぞ!」

 おどろおどろしい字体で、何かの脅し文句が書かれています。車での移動中だったので写真も撮れず、気になりながらもそのまま通り過ぎてしまいました。しかし東京に帰ってからも、なんだかあの看板が頭にこびりついて仕方がない。そこは便利な世の中、Googleストリートビューで、自分が走った道路を調べてみたのです。

 場所は確か、八戸の吹上地区のあたり……

 あ、これだ!

 !?

きけんだ! よるな近づくな
メドツが出るぞ!

ストリートビュー2.jpgGoogleストリートビュー

 め、メドツってなんだ!? どうも調べてみると、青森、特に八戸など南部地方では「メドツ」という妖怪の伝承が残っているようです。

 メドツ(メドチとも)は河童の仲間のようですが、その体は小さく子どものようで、全体が黒色とも赤色とも言われています。実際、八戸駅付近にも「メドツ河原」という地名が存在するほど。この看板の後ろには用水路があるので、子どもが溺れないために「メドツが出るぞ」と脅していたのでしょう。しかし警告のために妖怪を出してくるとは……さすが独自の習俗文化を残す八戸ですね。

 そこまで調べたところで、ふと、ある話を思い出しました。

 僕が数年前に出版した『放課後怪談部』という怪談本にてイラストを書いてくれた、石橋秀美さんの体験談です。そこにも収録した話なのですが、少し書き直したものを再掲します。石橋さんはまさに八戸出身。彼女は小学生の頃、妙な「モノ」を見たのだそうです。

放課後怪談部

この部活に入りたい!

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。