消息を絶ったマレーシア航空機に囁かれる「6つの説」?

関連キーワード:

,

,

,

■故障か自殺!?

 今回のマレーシア航空機の墜落事件は、このほかにも、「機器の故障説」「機長の自殺説」などがありますが、実際に機器の故障であれば、信号も出なくなりますし、すぐに発電機が動く仕組みになっていますから、無線もできないような機器の故障はありえないでしょう。

 一方、自殺ということであれば、副操縦士などコックピットの中には通常4名、そして客室乗務員にもある程度操縦技術を持った人がいますし、また、無線などで緊急事態を知らせることもできます。要するに、機器故障説も、機長自殺説もあまり現実的ではないということになります。

 そもそも、このような状態であっても、痕跡が全く出てこないということが最もミステリーではありませんか? この深層に関しては、最終的には、ボイスレコーダーや、フライトレコーダーが見つかればわかることでしょう。 

今回は、まだ資料もなく、結局のところ何もわかっていないですが、このように「矛盾点」を調査し、その中の可能性を考えることが、陰謀社会学を学ぶうえで、最も重要な作業なのではないでしょうか?
(星島次郎)

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

消息を絶ったマレーシア航空機に囁かれる「6つの説」?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで