【新種】4つの目と360°の視界を持つ魚「グラスヘッド・バレルアイ」!! 地球上の生物とは思えない衝撃的姿!!

関連キーワード:

,

,

 まるで宇宙からやってきた未知の生命体のような風貌をしていますが、これは地球に生息している深海魚です。グロテスクな容姿の話であれば、確かにそれほど珍しくはありません。しかし今回新たに発見されたこの深海魚、なんと4つの目と360°の視界を持っているとして科学者たちを驚かせているといいます。

 今月19日、英国王立協会の発行する学術誌「Proceedings of the Royal Society」において報告を行ったのは、独テュービンゲン大学のワグナー教授(解剖学)を始めとする国際研究チームです。彼らは、タスマン海(オーストラリア南東部とニュージーランドに挟まれた海域)において取り組んでいた調査プロジェクトの最中、水深800~1,000m地点で今回の魚を発見しました。

 デメニギス科に含まれると思われる、この体長18cmほどの深海魚は「グラスヘッド・バレルアイ(学名:Rhynchohyalus natalensis)」と名付けられました。透明頭で、樽のような形をした目を意味する名前です。

 「グラスヘッド・バレルアイ」の頭部にはまず、メインとなる円筒状の目が2つ、上を向いてついています。そして頭部側面には、さらに2つ楕円形で銀色の目がついているのです。こちらの目は、魚類のウロコにも含まれる物質である「グアニン」の結晶で構成されており、湾曲した鏡のような形状となっているといいます。

 「グラスヘッド・バレルアイ」が4つの目を持つようになった理由についてワグナー教授は、「真っ暗な深海において自分の周囲をくまなく見渡し、獲物や天敵が放つわずかな光と影を捉えることは、非常に有利に働くためだろう」と考えているそうです。深海には、私たちの想像を超えた姿をした生物がまだまだたくさん潜んでいるのかもしれません。
(靄野大作)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

【新種】4つの目と360°の視界を持つ魚「グラスヘッド・バレルアイ」!! 地球上の生物とは思えない衝撃的姿!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル