• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アフリカ

,

呪術

,

泥棒

,

美加 リッター

,

魔術

■絶えない呪術にまつわる事件

 地方当局は、このような騒ぎの終止符を打つように努力していると話し、性器を盗まれたと訴える人々のための施設も設けたという。

 アフリカの国々でこのような事件が起きる背景には、未だに民間で呪術が行われていることが挙げられる。2008年にはコンゴでサッカーの試合中に大暴動が起き、観客が11人死亡した。その原因は、「選手が試合の流れを変える為に呪文を唱えた」という事だった。

 また、アルビノ(先天性色素欠乏症)の人々の身体から秘薬を作るという目的で、呪術師がアルビノの人々を殺害する事件も多発している。今回の「ペニス盗難事件」は、呪術を詐欺とミックスした事が発端で詐欺師がリンチされてしまったという結果になった。これは自業自得なのだろうか? あなたはどう思う?
(文=美加リッター)

参考:「Opposing Views」、「The France 24 Observers」、「Daily Telegraph」ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。