もしも、地球の自転が止まったら? ― 我々の想像を超える「秒速465メートル」の悲劇映像

関連キーワード:

,

,

,

 地球が回っているということを意識して生活している人はほぼいないでしょう。我々が生活しているこの地球、実はとんでもない速度で自転しているのです。その速度は実に時速1700キロメートル。1日24時間で赤道を1回転するわけですから、これは簡単に計算できますね。この速度は秒速にすると465mというとんでもない速度なのです。つまり、地球のどの位置にいるかでこの速度は変わってくるのです。

■我々が回転していることに気付かない理由とは?

 自転しているのは我々だけではありません、地面から建物、空気まで地球上全てのモノが等しく同じ速度で自転しているのです。その為いくらとてつもない速度で回転していても、それに気付く事はないのです。一番分かりやすいのが普段使っている電車。例えばここで時速80kmで走っている電車だとしましょう。そして電車の中で進行方向に向かって、時速20kmでボールを投げたとします。果たしてボールの速度はどうなるでしょうか?

 これは物理などでは「観察者」と言いますが、見る人をどこで置くのかで変わって来てしまうのです。電車の中の人からすれば、ボールは時速20kmになるでしょうが、電車の外の人からすれば、もともとの電車の速度にボールの速度を足して時速100kmで飛んで行くように見えるわけです。物理運動を考える際に重要なのは、この「観測者」をどこに置くかということなのです。

 ではもし仮に地球の自転が突如止まってしまったらどんな事が起こるのでしょうか?

もしも、地球の自転が止まったら? ― 我々の想像を超える「秒速465メートル」の悲劇映像のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル