驚異のフォトショッパーが魅せる神業「リアル」とは何かを考えさせる12の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■ファンタジーを作る制作過程

 マーティン氏が自分の頭を重そうに引きずりながら歩いているイメージの制作過程を自身のyouTubeチャンネルで公開している。フォトショップは何でもできるというイメージがあるかもしれないが、実際にその行程を見てもらえれば分かる様にかなりの根気と時間を要するのだ。自然な仕上がりにするためには、調整、調整と何度も細かい作業が続いて行く。筆者自身もフォトショップはよく使うが、まさに驚愕、ここまでのテクニックを身につけるには相当の数をこなさないと難しいだろう。

動画はYouTubeより

 フォトショップを使って来た人であれば、今でも「ImageReady」と聞いて懐かしさを覚える人も少なくないはず。アップグレードする度に改良されてきたフォトショップであるが、平面写真の範囲であれば1990年にリリースされた初代1.0でほぼ全ての機能が備わっていたのも驚きである。去年、初代フォトショップのソースコードが同社の協力により「Computer History Museum」のWebサイトで公開された。非商用に限って利用できるということだ。それではおまけの動画を紹介してこの辺でさようならとしよう。

■100歳を超える女性を美しかった若かりし日に戻す動画

動画はYouTubeより
今回は、マーティン・デパスクワーレご本人の承諾を得て写真を掲載しております。全ての写真の著作権は、マーティン・デパスクワーレ(Martin De Pasquale)氏に帰属します。

(アナザー茂)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。