• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 もしあなたの庭から錆びた160年前の金庫が掘り出されたら、どうするだろうか? 中を見たいのは山々だが、ちょっとコワイような気も…。7月14日の「Daily Mail」にこんなストーリーが掲載されていた。


■庭の池の水を抜いてみると底には…

 デビッドとニッキー・マグワイア夫婦、3歳になる娘のアリスはイギリスの東北部にあるゲーツヘッドに住んでいた。

 この家の庭には元々池があったのだが、アリスが落ちる危険性を考え、池の水を抜くことにしたのだという。すると、池の泥の下から何か錆びた金属製のものがキラリと光ったというのだ。はじめは古いポンプか何かだと考えていた夫婦だが、次第に気になりだした。

 そして、約半日かけて、その金属を池の泥から掘り出した。中から出てきたのはなんと、幅が1メートルほどもある金庫。ひどく錆びてはいたが、原型を保っていた。

 デビッドは、「私たちはそれが金庫だと分かった時、本当に驚きました。私たちの家は1920年代に建てられたのですが、この金庫はその時代よりも古く見えたからです」と、インタビューで語っている。

160safebox1.JPG
デビッドとニッキ―・マグワイア夫妻、そして娘のアリスちゃん。そしてミルナー社製で160年前に作られたと思われる金庫 画像は「Daily Mail」より

■160年前に製造された耐火金庫

 この金庫の正面には、「ミルナー社:ロンドン、マンチェスター、リバプール」、そして「特許特別耐火金庫」と書かれており、1814年にトマス・ミルナー氏を創業者として設立されたミルナー社で作られた物で、約160年前に作られた物だとみられている。ミルナー社とは、世界で初めて耐火金庫を作ったメーカーとして有名な企業だったのだが、なんと、この金庫はあのタイタニック号にも搭載されていたというのだ!

160safebox2.JPG
金庫には「MILNERS'」のロゴがはっきり付いている。この会社の創設者は金庫の強さを示すために焚火を使った 画像は「Daily Mail」より

 しかし、一番の問題は、その金庫を開ける方法が全くわからない事である。

160safebox3.JPG
アリスちゃんと新しい遊び道具の金庫 画像は「Daily Mail」より

「金庫はとても重いので、2人で持ち上げるのは無理でした。そこで私とデビッドは金庫を転がして、移動させなければなりませんでした。その時、何かの音が聞こえたんです。昔の物なので、中身はすべて土になっているかもしれませんが、でも…。もしかしたら、何か面白い物が入っているかもしれないのです! 」と、ニッキ―は興奮気味にインタビューに答えている。

 また「この家が建てられる前、ここにはアパートメントがありました。この金庫は家が建てられる時に、わざわざここに運ばれて埋められたかのかもしれません。謎です」とも話している。

 その後、ニッキーは鍵を開ける専門業者を呼ぶと語っていたが、その後の続報はない。このニュースに関する海外のコメントには「きっと空だったんだよ」という憶測が多いのだが…。

 ちなみに、マグワイア夫妻は今後この金庫を無料で地域の美術館に寄付したいと考えているそうだ。

160safebox4.JPG
この会社の金庫は1912の沈没した悲劇の客船タイタニックにも使用されていた 画像は「Daily Mail」より

(文=美加リッター)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。