「あの神様だけはナメちゃいけない」オカルト研究家が選ぶ、日本最強のパワースポット「神戸市 氷室神社」 !

 どうも、オカルト・怪談を研究している吉田悠軌です。

「最強のパワースポットって、どこですか?」

 あちこちのオカルトスポットを巡っている僕なので、そんな質問をされることがよくあります。聞いてくるのはやはり女性が多いので「特に恋愛に効くスポットがいいんですけど」 と続く場合がほとんどです。

 有名どころでは出雲大社、東京大神宮に今戸神社、伊豆山神社、宮島の大聖院などを挙げておけば無難にすむでしょう。

 しかし僕は、必ず相手にこう聞き返すことにしているのです。

「……本気ですか? 本当に真剣に恋愛する覚悟、あなたにはあるのですか?」

 と……。 

「あの神様だけはナメちゃいけない」オカルト研究家が選ぶ、日本最強のパワースポット「神戸市 氷室神社」 !の画像1画像は、氷室神社(神戸市)「Wikipedia」より

 たいていの場合、(なんだこいつキモい。話のノリで質問しただけだよ)といった顔をされて会話も終わり。それでも恋愛本気度が強いのか、話についてくる人もチラホラといらっしゃいます。そんな人にだけ、僕が知る日本最強の恋愛パワースポットを紹介するのです。

 ただし注意すべき点が一つ。そこで願い事をするからには、軽い気持ちで行ってはなりません。あくまで自己責任を全うするという覚悟をもって、恋愛成就を祈らなければならないのです。まあ、意識の高いトカナ読者の方々なら大丈夫でしょう。

 では、そろそろ紹介いたしましょう。日本が世界に誇る究極恋愛パワースポットとは……。

 神戸市の氷室神社、通称「れんあい弁天」です!


■歴史深い神社、れんあい弁天にある「恋愛ポスト」が最強!

 神戸市兵庫区、高台にある住宅街。そこにひっそりと、れんあい弁天は佇んでいます。とても地味で静かな印象ですが、それだけに「通のみが知る隠れ家」といった雰囲気。

 氷室神社という正式名通り、氷を保存するための洞窟(氷室)がいまだ残っています。一説には仁徳天皇にも氷を献上していたとか、正式に建立されたのも平清盛による福原遷都の際だとか、非常に歴史深い神社なのです。

 いつの頃からか、ここに「恋愛ポスト」なるものが設置されました。成就したい恋の内容や、出会いたい人の特徴などを手紙に書き、200円払ってポストに投函すれば、神様がその願いを聞き届けてくれるのだそう。

「恋愛ポスト」と、ネーミングこそポップではありますが、これが異様なまでに神力あらたか。その凄まじいパワーを解説していきましょう。


事例その1 恋愛ポストに投函後、すぐに結婚

 私事で恐縮ですが、僕が結婚できたのは、れんあい弁天様のおかげです。

 4年前、いっさい女性と縁がなかった僕が、神戸にいる友人の薦めでこの神社を知りました。恋愛ポストに投函する「愛の手紙」は、なるべく具体的なことを書かねばならないとのこと。あまりにモテなさ過ぎて童貞に戻りつつあった僕でしたが、必死に自らの願望を連ねていきました。

「見た目はそこそこいい位で結構なので、僕と話が合って場が盛り上がる(オカルト・マンガ・エロ失敗談など)。そして僕を冷たくあしらう。浮気をしたら都度都度、報告してくる。そんな女性を、僕は会いたい」

 今になってみると、低姿勢なのかワガママなのかよく分からない願望ですし、必死すぎて文章もおかしくなっています。ともあれ、以上のような手紙を書き、力いっぱいポストに投函しました。すると……。

 なんと一週間後、手紙に書いた通りの女性と偶然出会ってしまったのです! そのままトントン拍子にお付き合いすることになり、結婚にまで至りました(浮気はまだされていないです、たぶん)。これによって我々友人の間で「れんあい弁天はご利益がありまくる」ということが証明されたのです。

 ……とまあ、僕の成功体験なんて聞いても面白くないでしょうから、真逆の事例もお伝えしましょう。むしろこちらの方が「れんあい弁天最強説」を裏付け、「あの神様だけはナメちゃいけない」と我々を震え上がらせたとんでもないエピソードであります。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ