老化を止める物質「TAM-818」がついに製品化! テロメアを修復!不老不死への道が開かれる?

老化を止める物質「TAM-818」がついに製品化! テロメアを修復!不老不死への道が開かれる?の画像1画像は、テロメア

 2009年、ノーベル医学生理学賞したのは、「寿命の鍵を握るテロメアテロメラーゼ酵素の仕組み」についての研究だった。テロメアは「TTAGGG」という塩基配列の繰り返しから成り立っていて、これが長いほどヒトも長寿になる。しかし残念なことに、テロメアは年齢を重ねるほどに短くなってしまう宿命にあるのだ。

 テロメアとは、染色体の先端に存在するキャップのようなもの。螺旋状になっている大切な遺伝子情報を保護する役目がある。人体にある数十兆の細胞は、絶えず分裂活動をすることで人間の生命を維持している。が、細胞が分裂する際、テロメアも短くなってしまう。その結果、身体に老化現象が起こってくるというわけだ。

 さて、ここまでならなんとなく知られている。しかし、テロメアの話はまだその先がある。

 通常、人体にあるテロメアは短くなる。ただし、幹細胞、生殖細胞、ガン細胞の3つにあるテロメアは短くならない。それは、テロメラーゼという酵素が働くからだ。

 このヒトテロメラーゼを最初に発見したのが、ウィリアム・アンドリュース博士である。しかも、2015年1月に初来日、しかも、関係者を集めて記者発表をするということで、早速行ってきた。


■世界初のテロメラーゼ酵素配合化粧品が発売間近!

 アンドリュース博士は、科学界では「不老不死」の研究者としてよく知られているらしい。その証拠に2014年には博士を取り上げた『The Immortalists』というドキュメンタリー映画まで作られ、数々の映画賞を受賞していた(日本未公開)。

 惜しくもアカデミー賞は逃したが、今回博士が来日したのはこの映画のプロモーションではない。テロメアを長くして老化を止める夢のようなテロメラーゼ酵素がこのたび製品化されるからだ。

 安全にテロメアを修復させるため、30年間の研究生活で、博士は膨大な数の中から900ものテロメラーゼを発見してきた。

 そのなかでもっとも強力かつ安全なのが、TAM-818と命名された合成した物質。博士の研究をバックアップしてきたニュージーランドのdfytime社が満を持して製品化することになったわけだが、「defytime cream」と名付けられた製品は、日本で初のテロメラーゼ酵素配合の化粧品となる。

老化を止める物質「TAM-818」がついに製品化! テロメアを修復!不老不死への道が開かれる?の画像4画像は、30日間「ディファイタイムクリーム」を試した結果


 臨床テストでは目尻のシワが消え、リバウンドも副作用もなかったという。日本での発売に向けて現在進行中ということだが、若返りの化粧品がどれほどの結果を出すのか、今後も注目である。また、トカナでは、アンドリュース博士に直接インタビューも敢行。その研究内容に迫った内容を近日公開予定なので、お楽しみに。果たして本当に人間の老化を止めることは可能なのか? 不老不死の謎が明かされるのは、もうすぐだ!

文=もりいあんじ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

老化を止める物質「TAM-818」がついに製品化! テロメアを修復!不老不死への道が開かれる?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル