マッドサイエンティスト「暗視能力を授ける目薬」の開発に成功!?

「特殊な目薬によって、人間の眼に暗視能力を授けることに成功した」と米国のアマチュア科学者たちが発表、現在大きな話題となっている。まるで暗視ゴーグルでも使っているかのごとく、暗闇で視界が開けるようになるという、不思議な目薬の正体とは一体何なのか、詳細についてお伝えしよう。

 3月25日、複数の海外メディアが報じたところによると、「暗視能力を授ける目薬」の開発に成功したと主張しているのは、カリフォルニア州を拠点に活動するバイオハッカー、ジェフリー・ティベッツとガブリエル・リチーナのコンビだ。ちなみにバイオハッカーとは、企業や大学の研究室に頼らず、自宅など個人の拠点で生物学的研究を行う人々のことだが、分野が分野だけに、マッドサイエンティストと見なされることも多い。

 さて、人体に害を及ぼすことなく暗視能力を手に入れる方法を探っていた2人が目をつけたのは、「クロリンe6」という化学物質だった。「葉緑素(クロロフィル)」と似た化学構造を持つ「クロリンe6」は、少ない光で物を見なければならない深海魚が持つ光増感剤だ。医学分野では、夜盲症やガンの治療に用いられることもある。

「(暗視能力を与えるために)これをマウスに注入したという論文はかなりあるんだ。さらに研究を進めて、次のステップに進むべきだね」

 こう語るジェフリーとガブリエルは、「クロリンe6」にインシュリンやジメチルスルホキシドなどを配合することで目薬を開発。効果を確かめるため、ガブリエルが「人間モルモット」役を買って出た。そして大きなスポイトを使い、「クロリンe6」(50マイクロリットル)を点眼したガブリエル。

「一瞬、視界に緑がかった黒いモヤが広がってから、眼に吸収されていったようだ」(ガブリエル)

マッドサイエンティスト「暗視能力を授ける目薬」の開発に成功!?の画像3画像は「Mic」より

 次に彼らは、屋外の暗闇で効果を確認することに。最初は10mほど先にある手の形を言い当てることしかできなかったガブリエルだが、1時間も経たずに、なんと視界が約50m先まで開けてきたのだった。真っ暗闇の中にもかかわらず、木のそばに人がいることも100%の確率で見抜くことができたという。「クロリンe6」を投与しない状態では、3回に1度しか言い当てることができなかったため、どうやら暗視能力を手に入れたことは間違いないようだ。そして翌朝、ガブリエルの視界は通常に戻った。実験から20日を経ても、副作用はなかったとされる。

「決してクレイジーな方向に行かないように、オレたちは自ら守るべきルールを定めている。科学は、わずかなエリートたちだけのものではないのさ」(ジェフリー)

 今回の実験は、被験者がガブリエル1人に過ぎず、暗視能力を得たメカニズムや安全性についても多くの不明点が残されている。興味本位で彼らの真似をすべきではないことは、言わずもがなである。しかし将来、この研究が発展し、暗視能力をもたらす目薬が本当に実用化されれば、重くかさばる暗視ゴーグルはもはや無用の長物となってしまう。軍事や災害救助などの分野に携わる人々にとって、画期的な変化が訪れることになるかもしれない。
(編集部)


参考:「Mic」、「Science for the Masses」、「BUSINESS INSIDER」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

マッドサイエンティスト「暗視能力を授ける目薬」の開発に成功!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル