【築地移転問題】「どうせ偉い人間は書類しか見てねぇ」築地で働きながら撮影を続ける写真家が語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

tsukiji23.jpg
写真/築地0景より ©Sho Niiro

そういえば、築地市場が扇型のアーチを描いているのは、もともとの設計で、それにそって引き込み線ができたと思っている方もいますが逆なんですよ。当時の流通量と一日に入る列車の本数から計算すると最低1.1キロの停車場が必要だというように算出されたのですが、当然敷地内に直線でそんな長さは確保できません。それでは……と考案されたのがアーチ状の引き込み線なんです。貨車から直接荷卸しができるようにプラットホームのような構造になっていて、今でもその名残は見ることができます。市場が扇形なのも、引き込み線ありきなんですね。移転する前に、そういう歴史が刻まれた建造物としての築地市場を見ておくこともいいかもしれません。場内をよーく見るとまだ引き込み線の後が微かに残っていたりと、静かに物語る歴史に触れることが出来ます」

face.jpg

■新納 翔 Niiro Sho 写真家。1982年横浜生まれ。麻布学園卒業。早稲田大学理工学部応用物理学科中退。日本の三大ドヤ街のひとつである「山谷」にて、実際に働きながら7年間写真を撮り続ける。写真集に『Another Side』(Libro Arte)等がある。田村彰英執筆。現在、築地にあるギャラリーふげん社にて、写真展「築地0景」開催中 ホームページhttp://nerorism.rojo.jp/Facebookページhttps://www.facebook.com/NiiroShoPhotography
写真展『築地0景』

zerokei.jpg

6月9日(火)~ 6月27日(土) 13:00-19:00 入場無料 (日・月・祝 休) ・会場 ふげん社/東京都中央区築地1丁目8-4 築地ガーデンビル2F

11390322_861627880590606_5480382857395102273_n.jpg

写真集『Tsukiji Zero』

■写真集『Tsukiji Zero』 ¥2,000(税込)飯沢耕太郎執筆 ふげん社写真展会場にて、300部限定発売  ※遠方の方や、写真展期間中ご都合の悪い方の中で、ご購入希望の方には郵送も。メール→info@fugensha.jp 件名は「築地0景写真集予約」。・お名前・ご連絡先(メールアドレス、電話番号)・ご予約部数・会場にてお取り置きor郵送希望 いずれかを表記・ご送付先(通販ご希望の方のみ)を明記すること。 残数僅か、ご注文はお早めに!

◆写真展関連イベント
・6月20日(土)13:30〜15:00(13:00開場) ギャラリートーク 新納翔(写真家)×渡邊博光(築地食べ歩きの達人)×佐藤洋一(早稲田大学教授 都市形成史専門) 各方面のスペシャリストをお迎えして、複合的な視点から築地を考える。 会場:ふげん社 写真展会場 参加費:ドリンク代500円(ご予約は不要です。当日受付にてお支払いください。)

11390322_861627880590606_5480382857395102273_n.jpg  

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。