• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 2015年9月4日付の英紙「Express」によると、バッキンガム大学の宇宙生物センターのミルトン・ウェインライト教授らは、地球外有機組織の写真を、エイリアンの存在を示す証拠として公開した。教授によると、写真に写っている角のある牛のような形状の微粒子こそ、完全な生命体であるとのこと。


■地表から30km離れた成層圏で有機組織を採集!

 イギリスのダービー州から打ち上げられた強力な磁石による探査プロジェクトの結果として発見されたこの組織は、写真上では塩の結晶とともに写し出されており、成層圏内に地球外微生物が存在していることが信ずるに値するものであると証明するものであると述べられている。

extraterrestrialorgan1.JPG
画像は「ODN」より

 教授はさらに驚くべきこととして、一般に「パンスペルミア説」と呼ばれ、生命の起源は宇宙にあり、地球での生命誕生はその生命の種ともいえる微生物の萌芽の来着に由来するものであるという説のとおりに、このような地球外有機組織が地表上に常に降り注いでいる点について指摘をしている。

 探査結果によると、塩の結晶に張り付いたこの非晶質状態の組織は、ジスプロシウム、ルテチウム、ネオジウム、ニオブなどのレアアースとともに、地表からの高度30kmの成層圏で採集されている。このようなレアアースの粒子は、非常に重たく地球由来のものとは考えられず、今回発見された組織とともに宇宙から地球に降り注がれてきたものと考えられる。

「Alien life in space: Scientists discover extraterrestrial organisms in Earth's atmosphere」 動画は「ODN」より

コメント

1:匿名2018年8月 4日 12:06 | 返信

ハヤブサの試料から、ESAが、地球外生命体を発見

この鋭利な岩石は、微視的に見れば、日本のはやぶさ探検隊によって回収され、ESAの研究者によって試験されている、イトカワ小惑星の小さな標本である地球外物体です。
日本のはやぶさ宇宙船は、小惑星の表面からサンプルを取り出し地球に戻す世界初の使命でした。多くの問題に悩まされ、7年間、60億キロメートルの大宇宙飛行士であるHayabusaは、貴重な小惑星を地球に約1500個戻した。
非常に貴重な、これらのはやぶさの穀物は、世界中の科学的研究の焦点となっています。そのうち3つはオランダのESAのESTEC技術センターにあります。@ESA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。