「産まれついてのデブ」インド最大の赤ちゃん誕生に“角界入り”を期待する声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

1510_bigbaby.jpg画像は「CCTVNews – Facebook」より

 人口約12億6,000万人と、世界の人口ランキングで第2位を誇るインド。そんな同国で過去最大となる新生児が誕生し、日本からもその大きさに「ゾウだろこれ」「産まれついてのデブ」と驚きの声が上がっている。

 インドの新生児の平均体重は3,000gと、日本とさほど変わらない。そのインドで過去最大とされていたのは、インド東部に位置するマニプル州で誕生した5,900gの新生児だった。しかし先月30日、ラージャスターン州で誕生した新生児は、同記録を大きく更新する5,970g。そのあまりの大きさに自然分娩は難しいとされ、帝王切開で取り上げられたという。

 平均体重の2倍近くあり、風格すら漂う新生児。同ニュースは日本にも届き、見た人も「新生児ってもっとガリガリだろ」「いきなりデブかよ」「インド人もビックリだな」「生まれたときから肥満とか、どんな罰ゲームだよ」など、驚きを隠せない様子だ。また、規格外の大きさに「象の赤ちゃんかと思った」「ゾウだろこれ」と間違えてしまう人や、「インドから角界へ。将来有望な子が誕生したな」「日本に呼んで、ちゃんこ食べさせよう」と関取にさせようとする人も。

 さらには、「俺は4,110gで産まれた。お産婆さんが大きいとびっくりしてたそうな」「わたしは4,000gでした。今ではスリム体型だけど、赤ちゃんの頃はデブだったせいか、二の腕の皮膚伸びたままなんだな」「4,700gで産まれたけど、成人した今は160cm45kgだわ」「俺も5,000gだった。当時の病院記録」など、自分が何gで産まれたか自慢まで始まった。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。