世界が驚愕! 日本で起きた「ニューネッシー事件」の真相と未だ暴かれぬ太平洋の謎の怪獣UMA!

 UMAファンにとっては思わず目を背けたくなるような事実かもしれないが、それ以外にも無視できないアナザーミステリーがあると天野氏は続ける。

「実はニューネッシーが騒がれる3年前、ここと同じ海域で、ほかの謎の生物が目撃されているのです」

 1974年4月28日。日本の遠洋漁業線「第28金比羅丸」が、ニュージーランド東南沖合で巨大な怪獣と遭遇した事件だ。

「この時乗船していた26人全員が目撃したという、奇妙な事件でした。船から約30メートル先に推定体長1.5メートルの怪獣があらわれたのです。皺だらけでギョロ目だったといわれており、カバに似ていたことから『カバゴン』といわれています。このほかにも、この海域では推定全長8~10メートルの蛇のような小さな頭をした、歯がギザギザの怪物が目撃されるなど、UMA目撃例が絶えない。ニューネッシーの正体は判明してしまいましたが、太平洋にはまだまだ謎めいた生物が潜んでいる可能性があるといえるでしょう」

 使い古された文句ではあるが、ゴリラだって元UMA。この世にはまだまだ我々の知らない未知の巨大生物が潜んでいる可能性は大いにある。太平洋の怪物もさることながら、いずれ元祖ネッシーも捕獲される日がくるのかもしれない。
(文=編集部)

関連キーワード:

1960年東京出身。UMA(未確認生物)研究家。キングギドラやガラモンなどをこよなく愛す昭和怪獣マニア。趣味は、怪獣フィギュアと絶滅映像作品の収集。総合格闘技道場「ファイト ネス」所属。著書に『放送禁止映像大全』(文春文庫)、『未確認生物学!』(メディアファクトリー)、『本当にいる世界の未知生物 (UMA)案内』(笠倉出版)など。新刊に、『蘇る封印映像』(宝島社)がある。
ウェブ連載「幻の映画を観た! 怪獣怪人大集合

天野ミチヒロの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

今夜21時からの『世界ふしぎ発見!』(TBS系)は、国内テレビ初取材となる台湾の...

2023.04.22 07:00スポット
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

世界が驚愕! 日本で起きた「ニューネッシー事件」の真相と未だ暴かれぬ太平洋の謎の怪獣UMA!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル