1人のモデルに対し、6人の写真家にまったく違う肩書きを伝えてポートレートを撮ってもらったら…驚異の結果に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

,

,

,

 Twitterなどのソーシャルメディアにおいて、アイコンのイメージで人を判断したことはありませんか ?人間中身だとはいえども、無意識にその人の服装や言葉遣い、話の内容から真実を探そうとしてしまうのが人間というものです。

 ここに1枚のポートレート写真があったとして、なんの説明書きもなければ何者なのか推測にまかせるしかありません。それが写真のもつ不確かさであり、また楽しみでもあるわけです。Canonオーストラリアでは、プロの写真家はどこまでその内面に迫れるかということで実にユニークなプロモーション実験を行いました。そしてその結果は皆がため息が出るほど驚きの結果になるのです……。

■モデルはたった1名、指示はただ1つ「彼らしく撮る」こと

 Decoy.jpg画像は「Twistedsifte」より

 Canonが行った今回のプロモーション実験「Decoy(おとり)」では、6人の写真家が「彼らしいポートレイトを撮ってほしい」と注文され、撮影しました。

 6人の写真家は個別に呼ばれ、その都度モデルであるマイクについて異なった説明を受けます。ある時はライフセーバー、またある時は前科者だと。使用した機材やマイクの衣装はまったく同じ。もちろんいずれもプロの写真家です。各写真家は事前の説明をもとに、マイクと会話しながら、照明、視点、角度を調節し、どうやったら一番「マイクの内面」を表現できるか考えました。

 ライフセーバーだと説明を受けた写真家は、彼のタフな精神力を引き出そうとし、またアルコール中毒から立ち直った男性だと説明を受けた写真家は、そのつらかったであろう日々に共感しながら、「誰にでも弱さはある。僕の知人にもいたから君の心の痛みはよく分かるよ」と語りかけます。でも真実はたった1つ、マイクはライフセーバーでもなければ、アルコール中毒患者でもないのです。

 紙媒体やインターネット上にあふれる様々な写真、そこから勝手な憶測が知らないうちに誰かを傷つけたりすることもあります。悪意あるメディアが民衆を誘導するために、“都合のいいカット”を使うこともあるでしょう。もし内面を本当に写し出すことができれば、どのような説明を受けようと写真にさほど差はでないはずなのですが、そうはいきません。6人の写真家による6枚のポートレート、あなたはどう感じるでしょうか。

■ライフセーバーと説明された場合

 Decoy1.jpg画像は「Twistedsifte」より
撮影:Franky Tsang


■自力で成功した百万長者

 Decoy2.jpg画像は「Twistedsifte」より


■元アルコール中毒患者

 Decoy3.jpg画像は「Twistedsifte」より
人気連載
「あなたを不幸にする色」がわかるお天気占い! 服・靴の色で人生一変も… Love Me Doの最強占い!

「あなたを不幸にする色」がわかるお天気占い! 服・靴の色で人生一変も… Love Me Doの最強占い!

■今のあなたの“アンラッキーカラー”は? 「今の自分の心...

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

関連キーワード

コメント

8:匿名 2018年4月11日 02:26 | 返信

プロは凄いなぁ・・
さすがだ。
絵よりも調整が難しいだろう写真で、ここまで様子を作って映せるとは!

7:匿名 2016年1月3日 21:58 | 返信

経歴・職業・肩書きを表現するように撮影するのがプロのカメラマンじゃないか。この実験から言えるのは、プロカメラマンの撮影技術はすごいってことじゃないの?

6:匿名 2015年12月9日 23:55 | 返信

写真、前科者なら前科者らしく、億万長者であれば億万長者らしく撮れてて、カメラマンさんさすが上手だな~と思いました。

5:匿名 2015年12月9日 15:23 | 返信

非常に興味深い!

空間写実に撮影者の見方を加え、それを理解できる形で表現できていて、写真家も演出家だなと思わせてくれた。後、写真そのものだけじゃなくて背後にあるストーリーって大事なんだね。やっぱり犯罪者って脈略で通して見るとそう見えるとこあるもの。

写真学んでいる人は勉強になるけど荒木の件は要らない。

4:匿名 2015年12月8日 19:58 | 返信

面白い実験。
……で、アラーキーのくだり、要る?

3:匿名 2015年12月8日 17:50 | 返信

面白い試み。ただしキャプションによって見る人の先入観を喚起する記事になっていますよね。例えば超能力者と成功者の写真はキャプションがなければ見分けがつかないと思う。

2:匿名 2015年12月7日 22:03 | 返信

写真にかぎらずpixvの絵画像とかも、フィルター通してみる見ないでは価値が変わってしまう。そんな世の中さポイズン。

1:匿名 2015年12月7日 13:11 | 返信

ただ目に映っているものを撮る人は素人。
撮影者に見えたように撮れる人だけがプロ。
プロの写真は撮影者の視点を切り取ったもの。
そこが監視カメラや素人写真と決定的に違うところ。
つまりこの実験に参加した全員がプロの資格を持っている。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。