70年間、無人にもかかわらず家賃が払われ続けた「時が止まった部屋」の秘密=パリ

 これは、2010年に起きた事件で、海外で話題になったものの、日本ではほとんど語られることがなかった、第二次世界大戦の悲劇から生まれたとても素敵な話である。

 2010年、パリの古いアパートを離れてから70年間、無人の部屋に家賃を払い続け一度も訪れることがなかった、借り主の女性が息を引き取った。戦前からずっと手付かずのまま時を止めたその部屋は、まさにタイムカプセル。古き良きパリの香りと共に出てきた品々は調査団を驚愕させることになった……。


■戦火から逃れるも、思い出は捨てられず

timeparis5画像は「Twistedsifter」より

 オペラ座やギャラリー・ラファイエット、プランタンなどで有名なパリ9区は、とりわけかつての街並みが残された地域として知られている。そんな9区にたたずむアパートの一室で、日本ならまず起こりえない、衝撃的な出来事が起きた。

 借り主はかつて女優として活躍し、社交界の名士でもあったマルト・デ・フロリアンさん。サントトリニテ教会付近のこのアパートを1942年に離れてから91歳で他界するまでの約70年間、この思い出が詰まった部屋にずっと家賃を払い続けていたのだ。その間、誰一人足を踏み入れることもなかったという。

 そして、フロリアンさんの死後遺族がこの部屋の存在を発見。専門の調査団が部屋を開けると、当時のパリジェンヌの暮らしがそのまま残されていたのだ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ