【重力波】拡大するブラックホールが地球を吸い寄せる!? 恐怖の「スパゲッティ化現象」とブラホ周辺の知的生命体

 アインシュタインがその存在を予測した重力波を、1世紀という長い月日を隔てて今月11日、カリフォルニア工科大学やマサチューセッツ工科大学の研究者らが重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」を用いて実際に観測することに成功した。地球から数十億光年離れた場所で相異なるブラックホールの衝突によって、時空のゆがみが発生しているのが観測されたのだ。

 まだまだ多くの謎に包まれているブラックホールであるが、もし地球がブラックホールに吸い込まれてしまったらどうなるのであろうか? その疑問に関して科学者たちは実に興味深い推測をしている。


■拡大するブラックホールは地球を徐々に吸い寄せる!?

ifearth.jpg画像は「DailyMail」より。

 ブラックホールは長年にわたって科学者から一般人までをも刺激し、さまざまな陰謀がささやかれてきた。ブラックホールは光をも閉じ込めてしまうとか、ブラックホールの裏側にホワイトホールがあって違う宇宙に繋がっているなど、少し調べただけでもブラックホールにまつわる話はさまざまに議論されてきた。さらに興味深いことに重力波が見つかった今、ブラックホールは日々成長していることが確実なものとなってきているというのだ

 それはつまり、ブラックホールが拡大するのに伴って地球自体がその増大する引力に吸い寄せられているということになる。もし実際に吸い込まれてしまったら、われわれ及び地球はどうなってしまうのであろうか? その疑問に関して一番よく知られているのが、なんともかわいらしいネーミングの「スパゲッティー化現象」なのである!

一体どうなっちゃうの!? 地球!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ