【3.11】震災直後と5年後を比較した定点観測 ― 消えたもの、放置されたもの…復興の現状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■宮城県、気仙沼市

hukushima5years3画像は「DailyMail」より。

 市の発表によれば 1359名の方が震災で犠牲になっている。気仙沼は漁港で有名な通りの港町であるが、震災当時商港岸壁に設置している重油タンクが津波によって倒壊し流出した重油に引火したせいで三日三晩燃え続けたという。津波によって流されてきたもので同一地点なのがわかりにくいが、写真左下の樹木が目印になるだろうか。

 漁船や瓦礫がなくなり着々と復興しているようにみえるが、これが5年の歳月を経た結果だと考えると復興の終わりはまだまだ見えないのが現実だと認識せずにはいられない。

コメント

2:匿名 2016年3月9日 17:21 | 返信

どこかの国では死者3万8千人て言うてたよ。

1:匿名 2016年3月9日 14:01 | 返信

陸前高田市の犠牲者数1万8千は、間違えてるのでは。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。