エリア51以上に注目される「エリア6」とは? 米極秘研究施設で何が行われているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Nevada.jpgネバダ砂漠 画像は「Thinkstock」より

 日本の25倍の国土に、2倍の国民が暮らすアメリカ合衆国は、内陸部に人が住まない土地を数多く抱えている。ネバダ州の大半を占める砂漠もそんな“余った土地”なのだが、他所と少し事情が異なるのは、付近一帯にアメリカ国家の極秘研究施設が点在することだ。


■「エリア51」、「エリア52」、そして「エリア6」

area51warning.jpgエリア51の看板 画像は「Wikipedia」より引用

 極秘研究施設のうちもっとも有名なものは、何といっても「エリア51」(正式名称:「グルーム・レイク空軍基地」)だろう。アメリカ空軍によって厳重に管理されているこの地区は、昔からUFOや地球外生命体とのつながりが囁かれてきた。アメリカ政府は「エリア51」の存在を2013年になってようやく公式に認めたが、そこで何が行われているのか、実態は現在もよくわかっていない。51の数字は、管理区域につけられたナンバーに由来する。

 しかし、謎に包まれたアメリカ国家の極秘研究施設は「エリア51」だけではない。トカナで以前にもお伝えしたが、ネバダ州の東、ユタ州ダグウェイにはUFO研究者たちに「エリア52」と呼ばれている施設が存在し、「エリア51」と同様の実験が行われていると考えられている。そして今回、さらなる謎の施設「エリア6」の存在が判明したとして話題になっている。そこで、一体どんな研究が行われているのだろうか? 詳細をお伝えしよう。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。