電気ショックは当たり前! 本当にあった「10の邪悪な社会実験」5位~1位

 実験には「科学や医学の進歩のため」という大義名分がある。しかし、どこまでが人道上許されるのだろうか? 現在、実験が行われる際の倫理的規範が各国にはある。しかし過去には何のルールもなく、冷酷な研究者はどんな実験もできたのだ。かつて行われた「10の邪悪な社会実験」をここでご紹介しよう。ワースト10~6を御覧いただいた前編に引き続き、今回はワースト5~1を紹介する。


5. 無気力実験(Helplessness study):1965年

 1965年、心理学者マーク・セリグマン博士とスティーブ・ メイヤー博士は犬を使った実験を行った。逃れる術を持たないつながれた犬に電気ショックを不定期に与えた。その結果、犬たちは何をしても無駄だと考えているかのように「無気力状態」となり、やがてうつ状態に陥った。

 その後、犬たちをいつでも簡単に脱出できる箱の中に入れ、再び電気ショックを与えた。しかし、それらの犬たちは依然として無気力状態で、はじめたそばから脱出を諦めていて、電気ショックから逃れようとはしなかったという。

helplessnessstudy1.JPG画像は「Alltime10s」より


4. プロジェクト:MKウルトラ(MK Ultra):1950年代後半~1960年代前半

「プロジェクト・MKウルトラ」はCIAの主導で行われたマインドコントロールに関する実験である。その目的は無意識に殺人を行う“スーパー暗殺者”を作り上げることから、重要人物が無意識のうちに会議の方向性を変えるように仕向けることまであった。

 CIAは、本人の同意なしにCIA事務員、受刑者、売春婦、精神病患者、その他一般人を被験者として選び、ひそかにLSDや薬物を投与、もしくは催眠状態にして電気ショックを与えた。またLSDが自白剤として有効なのかを調べるため、売春婦に客の飲み物にLSDを混入させる実験も行われた。しかし結果的に、その効果は認められず、重要な目的のひとつであった暗殺者を薬で作り出すことも不可能だったという。このプロジェクトの証拠書類は70年代に全て破棄され、被験者が誰であったのか、またその後の影響など、すべては闇の中に葬られた。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ