ショーンK以外も消えていた! テレ朝「●●ステーション」番組は呪われている? 続々と人が消える理由と「六本木の怖い呪い」!

関連キーワード:

,

,

seank.jpg画像は『「自分力」を鍛える』(あさ出版)より

 世界を縛る縛師の結城忠雄がさまざまな「縛り」を皆さんにご披露します。

 さて、「縛る」といえば、「呪い」「祟り」だ。この世のさまざまな情念、嫉妬、そして怨念が絡み合い、解けなくなった「念」が残ってしまった状態を指す。「幽う」「霊」と書いて幽霊というが、それが土地に縛られていると「地縛霊」となるわけである。今回は、この念が「縛られた」という話だ。

 最近「ショーンK」が話題になっている。

 これまでテレビ朝日「報道ステーション」やフジテレビ「とくダネ!」などに出演しているコメンテーターで、経営コンサルタントという肩書きをもつ男だ。経歴は完全に嘘ばかりだったことが文春のスクープで発覚した。ショーンKはこの「不祥事」によって、出演・出演予定のテレビ・ラジオ番組からの自粛を発表。長年のレギュラー番組も打ち切りが決定した。

 まずこの「ショーンK」という人物の経歴詐称は許されない行為であるのは当然だ。だが、そんなことよりも気になるのは、「ニュースステーション」、「報道ステーション」、「スマステーション」など、「●●ステーション」番組で「不祥事」が続きすぎているということだ。

※次ページ消えた人々まとめ

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ