グーグルマップで黒く塗りつぶされ、隠されていた5つの場所とは? 世界的最高機密か!?

2. グリーンランドのブロークン・アロー(核兵器落下事故)現場付近
 冷戦時代の1960年代――。当時アメリカ政府はソ連の核攻撃を案じ、核爆弾搭載のB52戦略爆撃機をソ連周辺上空に24時間待機させる「クロームドーム作戦」を展開していた。

5secretplaces2.JPG画像は「YouTube」より

 だが1968年1月、グリーンランド北西部のチューレ空軍基地近くの海氷上にB52戦略爆撃機が墜落炎上し、搭載していた水爆が破裂して飛散、大規模な放射能汚染を引き起こした。アメリカとデンマークは徹底的な除去及び回収作業を実施したが、核爆弾1発の第2段階部分については作業終了後も不詳のままとなり、また事件後数年間、除去作業に関与した作業員は被曝による疾病に悩まされたと言われている。現場では現在でも公開できない何かがあるのだろうか……。

3. シベリアチュクチ自治管区
 ロシア極東連邦管区の北東端に位置するチュクチ自治管区はロシアの中でも厳しい大自然に囲まれた土地だ。特筆すべきものなど何もないと思われるこの土地だが、衛星写真上にまるでカット&ペーストしたような人工的な箇所が……。

5secretplaces3.JPG画像は「YouTube」より

 山が連なる部分を拡大してみると、森林部分が不自然に平らになっているのである。ロシア国内の地図ではなんとその部分は真っ黒に塗りつぶされているらしい。自治管区内にある「Zaliv Kresta飛行場」はCIAの監視下に置かれているとの噂もあるようだ。

 陰謀論者の間では、同地区にはロシア内のHAAP施設(高周波活性オーロラ調査プログラム)があり超強力な地震兵器を研究・開発しているという説や、ICBM(大陸間弾道ミサイル)があるとの説も取り沙汰されている。一方で地下に巨大な金鉱が眠っているという話もあり、曖昧な情報ばかりが錯綜しているのが現状だ。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2018年1月31日 06:55 | 返信

こういうのはワクワクする

3:匿名 2017年11月13日 21:24 | 返信

一番最初のヒマラヤの話なら簡単だ
ヒラリーステップには氷付けになった遺体がある

2:匿名 2016年9月1日 13:34 | 返信

>> 1

まあまあ。
国家機密だ、陰謀だ、UFOだって文言があれば読者が喜ぶと思って書いてくれてるんだからさ。

1:匿名 2016年8月31日 12:43 | 返信

私が住んでる街の、将軍様と称されていた前市長の住居前の道路も、任期中黒く塗りつぶされてましたけどね。その将軍様の噂されていた悪事は、やはり世界的最高機密レベルだったのか!?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。