グーグルマップで黒く塗りつぶされ、隠されていた5つの場所とは? 世界的最高機密か!?

 ご存じの方もいるかもしれないが、グーグルマップには黒く塗りつぶされている箇所が複数存在する。通常の地図モード以外に、衛星軌道上から撮影された画像や航空写真も見ることが可能だが、一部の施設や場所には「ぼかし」がかけられていたり、広大なエリアがまとめて黒く塗りつぶされていたりと、かえって目立ったかたちで隠されているのだが……。


■グーグルマップ上の秘匿エリア5!

 これら黒く塗りつぶされた場所は、国家機密やテロ襲撃対策といった理由によるものから、有名ハリウッドセレブの自宅といったものまで多岐にわたるが、風景の中に突如として黒くベッタリと、まるで穴がぽっかりとあいているかの様子はかなりの違和感である。

 その中でも特に重大な機密が!? と噂されている世界の5つの箇所を紹介したい。

1. ヒマラヤ山脈頂上付近
 もし国家規模の組織が人々に知られないような基地を配置しよとしたらここは最適なのではないだろうか? なにせ地上2万2000フィート(約6700メートル)の、氷に閉ざされた山頂付近である。

5secretplaces1.JPG画像は「YouTube」より

 ネパールと中国の国境付近にまたがるヒマラヤ山脈・カンテガ峰は深い氷で周囲を覆われて到達が難しいことで知られており、初めて人が足を踏み入れることができたのは1964年のこと。だがそれ以前の第二次世界大戦中にナチスが秘密裏に行った地上の楽園「シャングリラ」遠征場所であるとの噂や、はたまたUFO基地を発見したとの話も。

 我々一般人が知ってはならない秘密の入り口でもあるのだろうか? ちなみに付近一帯では謎の球体やUFOの目撃談が多いことでも有名である

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ